間藤水力発電所は栃木県日光市にあった発電所。足尾銅山関連施設跡の一つである。 足尾銅山を経営した....

間藤水力発電所

間藤水力発電所 概要・歴史

間藤水力発電所は栃木県日光市にあった発電所。足尾銅山関連施設跡の一つである。 足尾銅山を経営した....

間藤水力発電所 画像

© 2018 廃墟検索地図 転載禁止
© 2018 廃墟検索地図 転載禁止
© 2018 廃墟検索地図 転載禁止
© 2018 廃墟検索地図 転載禁止
© 2018 廃墟検索地図 転載禁止

近くのスポット

間藤水力発電所 ストリートビュー・空中写真

間藤水力発電所 関連ブログ・参考リンク

http://www.suiryoku.com/gallery/tochigi/matou/matou.html
古河鉱業(足尾銅山) 間藤発電所 跡. 所在地:栃木県上都賀郡足尾町上間藤交通: わたらせ渓谷鐵道 間藤駅より約1km. 特記事項. 現在、その姿は名残を留めるのみと なってしまいましたが、同じく明治二十三年に運用開始した下野麻紡織会社の発電所(
http://www.gijyutu.com/ooki/tanken/tanken2001/matou/matou.htm
2001年5月4日 間藤水力発電所跡 (足尾銅山・間藤電気原動所). 1890(明治23)年12月竣工 日本 で3番目の水力発電所. 設計顧問:ヘルマン・ケスラー技師(ドイツ・ジーメンス電気機械 製造会社). 栃木県上都賀郡足尾町間藤. 1877(明治10)年から足尾
http://www.city.nikko.lg.jp/ashio_kankou/kankou/ashio/meisho/matou.html
2010年9月1日 1890年(明治23年)に、古河市兵衛により、木炭に代わるものとして、ドイツのヘルマン・ ケスラー技師の勧めにより間藤に鉱山施設として日本初の原動所(水力発電所)を完成 させました。 現在では、直径1mの鉄管の一部が上の平がけ下に
http://www2.dokidoki.ne.jp/tomura/ashioCu08.htm
間藤水力発電所跡. 明治10年(1877)より足尾銅山を経営した古河市兵衛は、今までの 銅山の動力源である、薪、木炭に代わるべきものとして、ドイツのジーメンス電気機械 製造会社のヘルマン・ケスラー技師の勧めにより、はじめて水力発電にふみきり、明治 23
http://www.nikko-ashio.jp/heritage/douryoku/matousuiryoku.html
足尾銅山は、明治以降の日本の近代化と産業化に大きく貢献し、日本で初めて社会 問題化した公害とその対策の歴史でもあります。
http://ameblo.jp/sketch-water/entry-12277533720.html
銅山が栄えていた頃は、さぞ賑やかだったことでしょう。今、廃墟になっている社宅を見ると、 悲しいというか、り、 間藤踏切跡、 間藤水力発電所跡を過ぎ、 間藤水力発電所跡の展望台から、
間藤水力発電所 関連ワード
  • 世界遺産登録
  • 渡良瀬川
  • 足尾
  • 選鉱所
  • 間藤水力発電所跡