尾越の廃車群 概要・歴史

林道久多尾越線の車の墓場

京都府京都市、久多(くた)から尾越(おごせ)に抜ける林道久多尾越線の尾越付近に、不法投棄された廃車が多く見られる。

付近には「公衆電話の家」として有名になった住居があり、これも既に空き家とも言われるが、2014年時点で住民がおられたとの情報もある。

状態
2018年11月20日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

尾越の廃車群 住所

京都府京都市左京区大原尾越町

尾越の廃車群 種類

廃車・廃船・廃飛行機

尾越の廃車群 画像・写真

尾越の廃車群
尾越の廃車群
尾越の廃車群
尾越の廃車群

尾越の廃車群 ブログ・リポート

鯖だけではなかった鯖の道(7) 惨澹たる北山 - 京都北山と丹波高原・若狭越
https://stellabyhydra.blog.fc2.com/blog-entry-198.html
名物と化した不法投棄の廃車群廃車を見なければ、峠のロケーションは非常にいいのだが・・・大見尾根の峠付近の道(14:30)は美しい。どうしても目が行ってしまう。林道は尾根を乗っ越して尾根の西側にまわる(14:37)ミツバツツジはあるが、廃車に比べたらインパクトは
鯖街道3(最終編)
http://www.kazum.net/essey/essey01/saba_3.html
今は雨が上がっている。少し先に人家の屋根らしきものがポツポツと見えてきた。そして道の脇には捨てられた車が残酷な姿で横たわっている。人が住んでいる集落に近づくとこのような情景に遭遇して悲しい気持ちにさせる。尾越の民家に近づいたとき、木の下にまだ車体がピカピカに光
大見・尾越集落 - 京都北山に囲まれる秘境の村|古都コトきょーと
https://syasin.biz/urbex/omi-ogoshi/
最奥の集落、尾越へ向かいます。峠?みたいな所を越えヘアピンを下ると廃車が現れました。尾越周辺は別名「車の墓場」とも呼ばれておりあちらこちらに廃車が起き捨てられています。さきほどの廃車を越えれば尾越集落に到着。一人老人の方が農作業をしていらっしゃいました。珍しそ
京都 大見廃村ツーリング  前編 ( オートバイ ) - 内燃機関と共に! - Yahoo!ブログ
https://blogs.yahoo.co.jp/zx900a5eur/64959381.html
ここから少し進むと目指す大見の集落があるのですが更に奥に進むと尾越の集落が有るとの情報を得ていたので先に尾越まで進むことにしました。途中、路肩が崩れていたり道路に大きな亀裂が入ったりしてる場所もありますが所々綺麗な部分も有ります。懐かしい車を発見!ダイハツハイ
Eitaro × Ninja : 地獄の林道、大見尾根を走ってきたよ
http://eitaroxninja.blog.jp/archives/4783164.html
NTTの鉄塔への分岐を左折し、道なりに進むとすぐにダートへ。すぐにこんなものが目に飛び込んできます。この林道アタック、ハードそうだなというのが本能的にビンビン伝わってきます。さらに進むと、名物(最初に断っておきますが今回「名物」連発です、すみませんw)不法投棄
【左京区】林道 久多尾越線(尾越から) - 路面と勾配 f/k/a 北摂ひっそり
http://nekotani.blog.fc2.com/blog-entry-891.html
放置車両です。自然に還りつつあります。右手に木製の大きな門がありました。尾越上田セミナーハウスとの看板がありましたがもう使われていないようです。

ピックアップ廃墟