大井川鐵道井川線旧線 概要・歴史

大井川鐵道井川線旧線は静岡県静岡市にある廃線区間。

井川線は、静岡県榛原郡川根本町の千頭駅と静岡県静岡市葵区の井川駅とを結ぶ現役の鉄道路線であるが、1971(昭和46)年4月1日に井川 - 堂平間が廃止されている。

全区間に渡って線路が残されているが、堂平駅跡は敷地に残土が積み上げられた状態となっており、草木が生い茂り、かつてのヤードの面影は姿を失ってしまっている。井川駅側の転轍器のみがかろうじて確認できる。

井川駅の堂平駅側に続くトンネル(第二西山隧道)は車庫となっている。堂平駅側の坑口にシャッターが設けられており、2013年10月現在線路はシャッター付近で寸断されている。シャッターが設けられた東側坑口からは井川ダム展示館裏手に続く引込み線が存在したが、すでに撤去されている。

地図は堂平駅。

状態
2011年09月15日作成  2019年09月06日更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

大井川鐵道井川線旧線 住所

静岡県静岡市葵区井川

大井川鐵道井川線旧線 種類

廃線・鉄道駅

大井川鐵道井川線旧線 ストリートビュー・空中写真

大井川鐵道井川線旧線 関連ブログ・参考リンク

大井川鉄道_井川~堂平: 林道・ダム・鉱山の勝手な記録
http://netishim.seesaa.net/article/155940289.html
井川から堂平までは廃線跡。 中電さんが1954年井川ダム建設の時に開業させた専用鉄道です。 その後大井川鉄道に移管されたので、この堂平が本当の終着駅となります。 02.JPG 線路はちゃんと有るようです。 廃止されたのは1971年なので約40年 森林軌道のようです。 55.JPG 56.JPG 57.JPG ...
大井川鐵道 井川線旧線跡を追う
http://www.asahi-net.or.jp/~ud6m-kizm/Shizuoka/Ikawasen/Ikawasen_shinsen.html
シリーズの5まで刊行されている「鉄道廃線跡を歩く」でも、県内の清水港線や静岡鉄道駿遠線などが紹介されている。探索対象となる鉄道廃線 大井川鉄道井川線は、井川ダムの建設時に中部電力によって敷設された専用鉄道である。建設資材運搬を目的と 
隧道レポート 大井川鐵道井川線 旧第九号隧道 - 山さ行がねが
http://yamaiga.com/tunnel/9gou/main.html
2010年4月23日 先日発売されたばかりの『新・鉄道廃線跡を歩く3 北陸・信州・東海編 』は、前作『鉄道廃線跡を歩く8 』にも収録があった「大井川鐵道井川線」に関わる廃線区間を再び取り上げている。 写真はもちろん撮り直されているが、文章の方はあまり 
井川で廃線ウォーク。。。 - すみれママの花まる生活【2】 - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/junkohiroshi86_2/10827216.html
前回の続きです。。。 畑薙湖から引き返し、通り道にあった南アルプス井川観光会館でランチ この後、大井川沿いにある井川湖周辺を見て回った。 大井川鉄道井川線の終点駅・井川駅。。。レトロな雰囲気の静かな駅舎 井川
大井川鐵道井川線旧線 その1 - アメマのおとしもの - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/pbtyw727/18504134.html
今回の廃線記事は実際に現地に行ったのではなく、車内からの撮影となります。 まずはちょっとピンボケですが、沢間~土本間の寸又川橋梁の旧橋台。 同じく寸又川橋梁の旧橋台。これは土本側。現在の橋梁が井川線の前身である中部電力 
大井川鐵道井川線旧線 番外編 - アメマのおとしもの - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/pbtyw727/18513449.html
こちらはアプトいちしろ駅からトンネルを抜け第一大井川橋梁の千頭方にある、大井川ダムへの側線。廃止ではなく 鉄道(廃線・廃駅)」書庫の記事一覧. 神戸電鉄 amemaさんの記事を拝見しまして、また井川線を乗り鉄したくなりました。
廃線レポート 大井川鐵道井川線 接岨湖水没旧線
http://yamaiga.com/rail/sessoko/main.html
2015年3月29日 大井川鐵道井川線のアプトいちしろ~接岨(せっそ)峡温泉間には、平成2年10月2日に長島ダムの建設に伴って 同書掲載の地図には、右の旧地形図よりも若干詳しい旧線のラインが敷かれており、トンネルの位置や数などもより正確なよう 
大井川鉄道井川線 - 津島軽便堂写真館
http://tsushima-keibendo.a.la9.jp/ooigawa/ikawa1.html
森林鉄道のほうは762mmのままで、その頃、千頭~沢間は1067と762mmのデュアルゲージだったということです。 千頭~井川25.5kmもダム建設が終わると、中部電力から大井川鉄道に運営が委託されました。 井川線は、現在も中部電力の全面的な支援を 
レイル・Rail: 大井川鉄道 井川線廃線を訪ねる
http://gorail.blogspot.jp/2014/06/blog-post_11.html
大井川鉄道 井川線廃線を訪ねる 大井川鐵道井川線 井川-旧堂平駅 June,3,2014(2830x4256) a 森の中に残る細い赤錆びたレール。 大井川鉄道井川線の最深部である旧堂平駅へと続く廃線跡だ。 大井川鐵道井川線 井川-旧堂平駅 June
【井川湖・大鉄バス・寸又峡】大井川鐵道井川線全線復旧したが・・・
https://ameblo.jp/kh8000-blog/entry-12305106800.html
★井川湖湖畔には井川線の廃線跡が残る 井川でそのまま折り返すのはつ力が低い事や事前予約が前提である。 ★大井川鐵道の路線バスで閑蔵から寸又峡へ 井川からは204レ(12:33発)で1駅閑蔵で下車。閑蔵からは路線バスに乗り換
サクラサクラ【大井川鐵道井川線】 | 助六飯場
http://uguigawa.blog42.fc2.com/blog-entry-321.html
大井川鐵道井川線の沢間駅近く。千頭森林鉄道の廃線跡より撮影 '10.3.27

ピックアップ廃墟