大巣子集落 概要・歴史

大巣子集落は福島県会津若松市にある廃村集落。

1969(昭和44)年5月16日に火災により家屋21棟が全焼したという。

東山小学校大巣子分校があったが1977(昭和52)年に廃校となった。

数軒の家屋跡、廃車などが残り、定住者はいないらしいが、定期的に管理・手入れされている。

状態
2019年04月30日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

大巣子集落 住所

福島県会津若松市東山町大字湯川鷹林乙

大巣子集落 種類

廃村・過疎集落・ゴーストタウン

大巣子集落 ストリートビュー・空中写真

大巣子集落 ブログ・リポート

車で行ける廃村其の二 会津若松市東山町大巣子|ふぅちゃん  のブログ
http://ameblo.jp/bananabanabana19870921/entry-12010867199.html
今日の記事は車で行ける廃村。第二弾。 今回は会津若松市。 東山温泉のさらに奥。大巣子集落です。 この辺は昔、スキー場なんかもあって地域活性化が盛んでしたが、結局スキー場もつぶれてしまい、過疎化も進んでしまいました。 東山温泉 

ピックアップ廃墟