津屋崎の塩田跡(旭製塩工場) 概要・歴史

津屋崎の塩田跡は福岡県福津市津屋崎にある製塩施設の跡。旭製塩の工場だった。

藪の繁茂する広大な空き地の真ん中に、大煙突がそびえ立っている。周辺にはわずかなコンクリート遺構が見られる。

2017年頃に同地周辺に太陽光発電設備が設置されたが、大煙突は残されている。

津屋崎塩田の別の遺構として熊本塩務局塩倉庫がある。

状態
2011年09月15日作成  2019年08月08日更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

津屋崎の塩田跡(旭製塩工場) 住所

福岡県福津市津屋崎

津屋崎の塩田跡(旭製塩工場) 種類

廃工場・発電所

津屋崎の塩田跡(旭製塩工場) 画像・写真

1976年の津屋崎の塩田跡(旭製塩工場)
1976年の津屋崎の塩田跡(旭製塩工場)
2012年の津屋崎の塩田跡(旭製塩工場)
2012年の津屋崎の塩田跡(旭製塩工場)
2017年の津屋崎の塩田跡(旭製塩工場)
2017年の津屋崎の塩田跡(旭製塩工場)
大煙突
大煙突

津屋崎の塩田跡(旭製塩工場) ストリートビュー・空中写真

津屋崎の塩田跡(旭製塩工場) 関連ブログ・参考リンク

廃墟&近代化遺産(津屋崎塩田煉瓦廃墟):響とバイクと山遊び:So-netブログ
http://hibiki15.blog.so-net.ne.jp/2008-07-24
廃墟ですが、これが塩田の施設だったのです。旧熊本塩務局倉庫跡でかつて黒田藩が設立した勝浦塩田と津屋崎塩田が始まりです。明治になり塩が専売となると、この津屋崎塩田は福岡県では最大の産地となったが品質不良と戦後の塩不足解消を期に廃止となりました。倉庫として使ってい
廃墟&近代化遺産(津屋崎の塩田跡):響とバイクと山遊び:So-netブログ
http://hibiki15.blog.so-net.ne.jp/2008-01-10
福岡県福津市津屋崎の塩浜残暑残る夏の終わりにポツンと一本だけ残ってる煙突がある空き地に廃墟ハンターは立ち寄った。何コレ?草ボウボウで荒れ放題の空き地に残ってるのはまさに廃墟と化した煙突だ。恐らく塩浜と言う地名からも想像できるがこれは塩田の精製工場の煙突に違いな

ピックアップ廃墟