笹ヶ谷鉱山(ささがだにこうざん)は、かつて島根県(旧石見国)津和野町にあった銅、亜鉛等の鉱山で、1...

笹ヶ谷鉱山

笹ヶ谷鉱山 概要・歴史

笹ヶ谷鉱山(ささがだにこうざん)は、かつて島根県(旧石見国)津和野町にあった銅、亜鉛等の鉱山で、1...
この物件のオリジナル画像をご提供頂ける方は、ぜひこちらよりご連絡下さい

近くのスポット

笹ヶ谷鉱山 関連ブログ・参考リンク

http://blogs.yahoo.co.jp/atcmdk/51957732.html
亜鉛等の鉱山で、現在は既に廃鉱となっている。 当初は銅を主たる産物とし 当時、国内屈指の大銀山として知られていた「石見銀山(大森銀山)」の名を冠して、「石見銀山猫いらず」として売られたが、石見銀山では砒素は産出しない。 江戸時代に入り
http://www.geo.shimane-u.ac.jp/geopark/sasagatanikouzan.html
写真1:明治以降の鉱山の繁栄を支えた7番坑坑口(鍵は 津和野町役場環境生活課が管理しています.) 笹ヶ谷鉱山は主に銅を採掘し、少量の銀や亜鉛、副産物としてヒ素を採集していました。 鉱山の開坑は鎌倉時代と伝えられ、江戸時代は石見銀山代官所ツ黴
笹ヶ谷鉱山 関連ワード
  • 捕り
  • 採掘
  • 殺鼠剤
  • 産出
  • 石見銀山
  • 砒石
  • 砒素
  • 神像