白沢峠の廃トラック(ダッジWC54) 概要・歴史

白沢峠は山梨県山梨市と甲州市との境にある倉掛山北に位置する峠。斉木林道。「廃ダッジ」等として紹介されていることもある。

米国製のトラックが放置されている。ダッヂWC54というアメリカ陸軍汎用車で、戦後、進駐軍の軍用車が民生に転用された後に放棄されたらしい。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

白沢峠の廃トラック(ダッジWC54) 住所

山梨県山梨市三富上釜口

白沢峠の廃トラック(ダッジWC54) 種類

廃車・廃船・廃飛行機

白沢峠の廃トラック(ダッジWC54) ブログ・リポート

A Requiem to Lost Car | 白沢峠の廃ダッジ | Tomboy Urbex
http://www.tomboy-urbex.com/a-requiem-to-lost-car/
この捨てられた車は山梨の白沢峠にあり、車種は ” ダッジ ” アメリカの有名ブランドでもあります。マニアからは”廃ダッジ”と呼ばれています。山梨県にある白沢峠のさわやかな5月の一日。私たちは雑草でいっぱいの山道を40分ほど登り、廃ダッジを目指しました。森が切れ
白沢峠のトラックを見る為に石保戸山から倉掛山と伝通院へ - 山さんぽ花さんぽ
http://blog.goo.ne.jp/yamasanpo/e/4cc29fde0012c46a1a9c666e8e868df2
今回は白沢峠にある廃トラックを見たい為に周辺の山をグルっと回った。鳥小屋分岐から倉掛山までは道標もあるが、それ以外では道標らしき道標はない。おまけに防火帯や巡視路が縦横に入り乱れ、四方八方に道迷いの要素があった。更に国土地理院の地図上には破線で道があるかのよう
峠のトラック・オブジェ(2)【ダッジ】: たなぼた
http://yoshio-niikura.cocolog-nifty.com/tanabota/2011/05/post-f829.html
トラックが佇む場所は東京都と山梨県との境近く、標高約1500mの白沢峠という所。ここはちょうど4方向からの交差点になるため、以前から奥多摩ハイカーの間ではこのトラックの存在は知られていた。
夢 - 廃車 白沢峠の廃トラック - - 九十九 -日本の廃墟- - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/gagaga7310/35887466.html
いくつになっても夢は忘れずに叶うこともあるけど叶わないこともあるよね
白沢峠に佇む廃トラックに逢いに|あれんのブログ
http://ameblo.jp/heiende/entry-10314587444.html
そこは白沢峠。念願のトラックに逢う事が出来ました!この錆びた鉄の雰囲気や、自然に飲み込まれそうな感じは、天空の城ラピュタに出て来たロボットを思わせます。
廃ダッヂ峠のトラック
http://home.f01.itscom.net/spiral/dodge/dodge01.html
呼称・廃ダッヂ峠のトラック場所・山梨県鮮やかに彩られた峠道。今日は山奥に残された廃車に逢いに行く。いくつかの登山道が交わる開けた土地。廃ダッヂの登場。これはダッヂWC54というアメリカ陸軍汎用車。
#178廃ダッジ--失われた場所クロニクル
http://www.geocities.jp/corruption_and_decadence/cn4/cn8/178.html
topphotoprofilebookmarkbookshelf#178廃ダッジTheAbandonedCaroftheMountains
初めての星空撮影(廃ダッジ)ピント編・撮った写真編 | 廃墟と無口な造形群
http://ruins-and-silence.com/2014/02/05/under-a-starry-sky3/
初めての星空の下での写真撮影。真っ暗で何も見えないカメラの画面。ISO感度を上げ、F値を開放し、撮っては確認撮っては確認と試行錯誤で構図を決めたポン・・・***澄み切った空気の、降るような星空のもとに、切ない機械音が響く―ウィィィィンウィィィィンウィ、ウィ、ウ
初めての星空撮影(廃ダッジ)はじまり編 | 廃墟と無口な造形群
http://ruins-and-silence.com/2013/12/18/under-a-starry-sky/
場所は、あの微妙に最初探すのに苦労した廃・ダッジ!(その時の詳細はこちらの記事に)峠の真ん中に置きざられた古い車(ダッジ)の荷台に山桜が生えているという、フォトジェニックなあの場所だポン。日の暮れかかる峠道を登ること約40分。あの場所にたどり着いたポン。たそが

ピックアップ廃墟