三浦隧道は、三重県北牟婁郡にある熊野街道隧道群の一つ。国道42号線旧道、三船トンネルの隣に位置する...

三浦隧道(国道42号線旧道)

三浦隧道(国道42号線旧道) 概要・歴史

三浦隧道は、三重県北牟婁郡にある熊野街道隧道群の一つ。国道42号線旧道、三船トンネルの隣に位置する...
この物件のオリジナル画像をご提供頂ける方は、ぜひこちらよりご連絡下さい

近くのスポット

三浦隧道(国道42号線旧道) ストリートビュー・空中写真

三浦隧道(国道42号線旧道) 関連ブログ・参考リンク

http://blogs.yahoo.co.jp/sk2phoenix/2606268.html
2010年3月6日 廃道・隧道・廃線・橋梁・謎の穴時代の波にのまれてしまった廃や、酷道・険道・林道 などドキドキワクワク出来る場所を週末に探索してます (廃道 隧道 ジムニー)
http://usa-nekosando.web.infoseek.co.jp/miti_42miura.html
【国道42号線旧道-三浦隧道】前編 三重県の国道42号線には沢山の旧・廃隧道が あります。 三浦隧道です。 ネットの情報では 中がすごい事になってるそうだけど、 もっととんでもない事になってた… とんでもない隧道はココだ→■ 道路隧道にもある の?
http://usa-nekosando.web.infoseek.co.jp/miti_42miura2.html
【国道42号線旧道-三浦隧道】後編 三重県の国道42号線には沢山の旧・廃隧道が あります。しかも大正時代の煉瓦隧道です。 青字…ラピスのコメント ■黒字…作者の コメント. れんがずいどう… でも、大部分が素堀りだった。 つっかえ棒があったりして、
http://usa-nekosando.web.infoseek.co.jp/miti_42miura-map.html
【国道42号線旧道-三浦隧道 周辺図】 三重県の国道42号線には沢山の旧・廃隧道が あります。しかも大正時代の煉瓦隧道です。 ■ 2010年1月現在、三船トンネルの西側 では、伊勢自動車道紀勢線の工事がされています。 国道から三浦隧道の周囲は大きく
http://sputoyo877.com/miura.html
尾鷲隧道から国道42号線をさらに北上、紀北 町には、三重県技師岩井藤太郎氏設計 の隧道 がいくつか存在します。 旧隧道は「三浦隧道」です が、現役は「三船」、因みに JR紀勢本線にも 同じ場所にトンネルがありますが、このトンネル の名前は「三浦 トンネル」 であるからして、その旧道は荒れ放題で廃さ れた年月を非常によく示してい ます。 とても近くに現国道があるとは思えない光景。 その姿は山中奥深く眠る廃隧道 そのもの。
http://usa-nekosando.pupu.jp/miti_42miura.html
【国道42号線旧道-三浦隧道】前編 三重県の国道42号線には沢山の旧・廃隧道があります。しかも大正時代の煉瓦隧道です。 青字…ラピスのコメント □黒字…作者のコメント. れんがずいどう…いい響きです。 ここは三船トンネルの横にある旧隧道、 三浦隧道ツ黴
http://www.geocities.jp/m961528/page025.html
廃線跡を巡る. 三浦隧道・・かつての国道42号線(三船トンネル旧道). 近鉄大阪線青山峠旧線 朝熊登山鉄道 近鉄奈良線旧生駒トンネル 近鉄志摩線旧線 ・ 近鉄揖斐川・木曽川橋梁付近旧線跡 近鉄伊勢線廃線跡 近鉄湯の山線のナロー時代の遺構 ・ 参急松江ツ黴
http://wasteroad777.blog.fc2.com/blog-entry-165.html
そんなわけでさっそく今回訪問した三浦隧道の長島側ポータル画像から。明治時代に行われた熊野街道第二期改修工事時のものだ、三重県技師の岩井藤太郎と技手・天野久が手掛けた隧道群の一つだ。イギリス煉瓦積みの素敵なポータルに(*´Д`*)ハァハァ扁額もしっかりくっきり(
http://mat0213.blog17.fc2.com/blog-entry-962.html
2011年2月22日 海野隧道 110223-02.jpg 大正3年竣工、長さ208m 国の指定文化財の歩行者専用道 . よく見たら海野隧道と思ってたのは海野浦隧道って読めますし、古里歩道トンネルは海野隧道と読めますね(^^;). 2011.02.23 |; ぼけ; URL; [ 編集 ].
http://www.r-arena.net/toge/area4/029miura/
三 浦隧道は, 長島, 海野, 道瀬, 木本の4つの隧道と違い, 廃道となっている. よって人や車が通り抜けるためのメンテナンスは行われておらず, 照明もなく内部も岩盤がむき出しのままである. ここへは友人と訪れたのだ