矢ノ川峠(国道42号旧道) 概要・歴史

矢ノ川峠(やのことうげ)は三重県尾鷲市と熊野市の間にある峠。国道42号線旧道。

古くから熊野街道最大の難所として知られ、明治期改修が行われるものの、険しい登坂や九十九折れが繰り返され実用には不十分だった。

昭和初期に尾鷲側の勾配緩和を中心に大改修が行われ、1936(昭和11)年、かつての峠から東南に自動車道(県道松阪新宮線)が開通した(のちに旧国道41号、二級国道170号を経て現在の国道42号)。矢ノ川峠には休憩所を兼ねた茶屋が設けられ賑わったという。

1968(昭和43)年に峠の南東の矢ノ川トンネル(延長2,076mメートル)、弓山トンネル(延長137m)、大又トンネル(延長1,626m)が開通、千仞橋(せんじんばし)などの橋梁が完成し、矢ノ川峠昭和道は役目を終えた。

現在、廃道となった矢ノ川峠昭和道は、熊野市側で道路が決壊している区間があり、周辺区間も廃道化が進んで峠を越すことはできず、尾鷲市側も悪路で通行が危険であることから通行止めとなっている。

懐古橋、紅葉橋、瀧見橋、南谷大橋、傳唐大橋などの橋梁のほか、一号から五号までの隧道があり、中でも五号隧道は106.8mと規模も大きい。また放置された廃車などもある。

状態
2019年07月24日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

矢ノ川峠(国道42号旧道) 住所

三重県尾鷲市南浦

矢ノ川峠(国道42号旧道) 種類

廃道

矢ノ川峠(国道42号旧道) 画像・写真

矢ノ川峠(国道42号旧道)
矢ノ川隧道(2009年)

矢ノ川峠(国道42号旧道) ストリートビュー・空中写真

矢ノ川峠(国道42号旧道) スポット

矢ノ川峠(国道42号旧道) 関連ブログ・参考リンク

国道42号旧道「矢の川峠」2
http://pcitorn-nitikaku.sakura.ne.jp/yanko2.html
ネット上の情報では旧道は特に熊野市側が荒れている様子で、有名な割には全線踏破のレポも意外に少ないが距離からして半日かければ攻略可能と判断 ここは「山形の廃道」様の全国隧道リストによれば名称は、「第二号矢の川隧道」、延長は20mとある。
矢ノ川峠(昭和道)踏破 - ミチビトノタワゴト by caminotty@ちきゅうの道
http://caminottynabi14.blog40.fc2.com/blog-entry-790.html
国道42号線やJRが開通して久しい現在はもちろん人の往来はなく、ほぼ全区間オフロードの道が山中にたたずんでいる状態です。「旧矢ノ川峠昭和道」として親しまれ、全国の廃道、旧道マニアが時折往来するマニアック街道となってます。
気楽にバイクライフ 【初めての未舗装路】市道矢ノ川線~あの矢ノ川峠に
http://nmtr220.blog66.fc2.com/blog-entry-182.html
峠へは旧矢ノ川峠線(熊野市側)はすでに廃道で、尾鷲市側からは上れるんじゃないか、とのこと。 それと矢ノ川峠(矢の川峠)を「ヤノガワ」ではなく「やのことうげ」と読むとのこと。 国道42号線と市道矢ノ川線分岐から矢ノ川峠までの距離≒9キロ、その1/3にも届きませんでした。 120321yanoko そ...
矢ノ川峠 矢の川峠
http://www.geocities.jp/wellon2/tohge/tohge3/yanoko/yanoko.htm
矢ノ川峠はその国道42号の忘れ去られた旧道の峠なのである。 私の知る限り以前から、峠の熊野市側の旧道は、途中の橋が落ちてしまったことによりオートバイさえも通れず、完全に廃道と化したと聞いていた。尾鷲市側に残る旧道を使って、辛うじて車でも峠 
R42矢ノ川峠旧道
http://road.uroneko.com/onr042-352_02.htm
これらのTNは1968年(昭43年)に完成・供用開始となった バイパスルートで、それまでは矢ノ川峠を越える旧道が現役国道として利用 峠近くにテレビか携帯電話の中継施設があることや、治山や林業関係者の方々の通行もあるのだから、そうそう廃道には 
国道42号線旧道(2)
http://road.uroneko.com/onr042-352.htm
矢ノ川峠旧道. 矢ノ川峠は三重県南部、三重県尾鷲市と熊野市との市境にある標高約808mの峠。現在、R42は矢ノ川峠を尾鷲 国道42号線旧道TOPに戻る . なお、矢ノ川峠の昭和新道開通にともない、大橋~小坪間の旧ルートは廃道となったようである。
矢ノ川峠
http://haisentn.s78.xrea.com/yanoko/1.htm
今の国道42号線に当たる道路は明治12(1879)年に熊野古道に代わって整備されたが、 峠の標高は800mを超えるため急勾配の続く難路であった。昭和10年代 この頃「矢ノ川峠」は行き止まりの峠として尾鷲側~峠間は有名だったが、熊野側の旧道に関しては全くと言って良いほど知られていなかった。 橋...

ピックアップ廃墟