白滝鉱山 概要・歴史

白滝鉱山は高知県土佐郡大川村にあった鉱山。銅山として栄えた。

1699年(元禄12年2月) 、本川銅山(大北川銅山)が土佐藩により開炭。閉坑と再開坑を繰り返す。。

1871年(明治4年)11月 に樅之木鉱山開坑。1887年(明治20年)9月に住友樅之木鉱業所開設。1894年(明治27年)11月、中久保鉱山休業。

1913年(大正2年)より宇都宮壮十郎が宇宝合名会社による諸鉱山の経営を行い近代化を推進、1915年(大正4年)1月には大北川藤ノ谷に最大出力120kwの自家用水力発電所が竣工。1916年(大正5年)に大北川、樅の木、大川、白滝、中蔵、喜多賀和、朝谷の7鉱山の統一通称名を「白滝鉱山」と定めた。

この頃に製錬に伴う煙害が問題となり大川での製錬が中止された。宇摩郡中之庄村具定(現・愛媛県四国中央市)まで21Kmの架空索道が敷設され、川之江港から船便で大分の精錬所に運ばれることになった。

1919年(大正8年3月)久原鉱業(日本鉱業を経て、現・JX金属)に譲渡。1972年(昭和47年)3月、閉山。

閉山後、選鉱場跡には鉱山資料館が建てられたがその後閉鎖。小学校跡には自然王国白滝の里(地図位置)が作られた。

浴場跡などの廃屋、トロッコ軌道跡なども見られる。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

白滝鉱山 住所

高知県土佐郡大川村朝谷

白滝鉱山 種類

廃鉱・採石場跡

白滝鉱山 ストリートビュー・空中写真

白滝鉱山 ブログ・リポート

白滝鉱山1/3
http://www.geocities.jp/teamhaikyo/kouzan/sirataki/sirataki-1.htm
白滝鉱山1/3高知県内唯一ともいえる鉱山跡。高知県の北部、愛媛県にほど近い場所に、その鉱山はあった。土佐藩が開坑して以来、300年近くにわたって銅山として栄えたが、国内の他の金属鉱山と同じく、1972年に閉山した。まず最初に見えてきたのが、この浴場だ。とらさん
白滝鉱山
http://orange.zero.jp/zbc54213.wing/sirataki-.html
白滝鉱山というのは高知県と愛媛県の県境近く、かつて水不足で有名になった早明浦ダム湖の北方向10キロぐらいの山の中にある。元々江戸時代の初頭にこの地域に銅などの鉱床があるということは地元では知られており当時の土佐藩が1699年、近くを流れる大北川沿いに本川銅山(
白滝鉱山跡その1|残影
http://sprout34.blog16.fc2.com/blog-entry-115.html
高知と愛媛の県境の、険しい山々の中の谷間に、白滝鉱山跡があります。歴史が古く、よく栄えた銅山ですが、山肌にあった関係施設は全て基礎ごと取り壊され、撤去後の山には植樹され、治山が進められています。
白滝鉱山見学その1
http://yosuzumex.daa.jp/industrial_heritage/shirataki/shirataki_01.html
白滝鉱山見学その1高知県にある四国のいのち・早明浦ダムに初めて行った時にその上流にあるという鉱山跡に向かいました。早明浦ダムができることで村の一部が水没区画になった大川村。その大川村にあった高知県で最も大きな規模の鉱山が白滝鉱山です。

ピックアップ廃墟