龍宮城(珊瑚博物館)は高知県土佐清水市の竜串海岸付近にあった博物館・休憩所。県道321号線足摺サニ....

龍宮城(珊瑚博物館)

龍宮城(珊瑚博物館) 概要・歴史

龍宮城(珊瑚博物館)は高知県土佐清水市の竜串海岸付近にあった博物館・休憩所。県道321号線足摺サニ....

龍宮城(珊瑚博物館) 画像

龍宮城(珊瑚博物館)
©Departure
©Departure
©Departure
©Departure
©Departure
©Departure

近くのスポット

龍宮城(珊瑚博物館) ストリートビュー・空中写真

龍宮城(珊瑚博物館) 関連ブログ・参考リンク

http://ug4haikyo.blog.fc2.com/blog-entry-130.html
足摺岬をバイクで失踪中に喉が渇き休憩場だと思って入ったら廃墟だった。規模は大きく残留物も多い良廃墟に見受けられたが一人ぼっちだったのでビビってすぐに退散した。
http://yuzamurai.blog29.fc2.com/blog-entry-16.html
んッなんだ?今のは?引き返して見たものは竜宮城!でかい!スゲー!思わずパチリいやがおうにも一人盛り上がってきた足摺は近いぜ!
http://minkara.carview.co.jp/en/userid/1737525/blog/33028971/?cm=true
なんとか昼食も済ませ、竜串海岸を離れるや直ぐの場所に龍宮城という大きな中華風建物の廃墟を発見!!珊瑚博物館だった模様。中へは入れない、いや入る気がしなかったので外側から中の様子を撮影Σ【◎】ω・;)中庭付近はそこそこ程度の荒れ具合(゜o゜;)
http://ameblo.jp/2011sakyo/entry-11788170561.html
今回、紹介するのはこちら!!龍宮城です。はい。近くの入り口に来ました。柱、天井とも凄い装飾が施されています。さらに奥にも入り口が、ここが正面でしょうか?左右には、なんと狛犬が飾れていました。豪華てんこ盛りです。すごい豪華?な作りです。なかなか見応えがある廃墟で
http://ameblo.jp/rusty-place/entry-11240751621.html
先日の中村キャンプの廃墟探索途中に見つけた廃物件。平成19年11月で閉館との情報を見つけたので、まだまだ新しいし、ネット上には現役の頃の内部の記事もいっぱい出てくる。龍宮城という文字がデカデカと掲げられているので、ココを造った人の龍宮城のイメージはこんなんだっ
http://blogs.yahoo.co.jp/terumountbookmasa/26040761.html
さて、前置きが長くなってしまったので竜串は次に載せるとして、まずは『珊瑚博物館』へ。館内はたいしたこと無いが外装はgood!!ですな(^・^)そして、観光案内の看板で次の行き先(竜串海岸)をチェックしていると、案内所のおばちゃんが声をかけてくれた。とても親切に
http://nakedlunch.exblog.jp/11594112/
土佐清水市竜串にこんなのがありました。なんか昭和~今、営業しているかどうかは不明です…世界的にサンゴの博物館は無いので営業しているとしたら、結構、レア!しかし、このコテコテ感はすごいですな…
http://sanukiya.at.webry.info/200804/article_12.html
そう見えますかしら? 海岸沿いをぐるっと巡り、漁港の防波堤横がゴール(逆回りでもOK)。 戻る途中、まるで龍宮城のような、中国の王宮風建物がありました。『サンゴ博物館』ですが、乙姫様がいなくなってしまったのか、閉鎖されていました。
http://takemoto1977.blog.fc2.com/blog-entry-1195.html
かつて隆盛を極めた中華料理屋竜宮城の夢の跡。潰れた後も、立派な建造物は残ったまんま。これ、居抜きででっけえ雀荘になったら面白そうだなあ。もしくは川崎の九龍城みたいなゲーセンに…って、そもそも人通りが少なすぎて客が入らないか。
http://kdshiro.blog.fc2.com/blog-entry-2823.html
叶崎から竜串へ向かいます。竜串の西隣、爪白キャンプ場にて。近辺には足摺海底館や足摺海洋館がありますが、結構なお金がかかるので入場は断念
https://departure.amebaownd.com/posts/5861165
世界で唯一の珊瑚博物館だった。古代中国の宮殿様式を模倣して、現代の竜宮城を再現した外観となっている。2009年頃までは営業していたらしい。周囲をめぐる。大きい建物だ。七福神っぽいのがお出迎え。貝殻、一瞬エ○リアンを思い出したよ。こっちが別館、あっちが本館か。1