大荒沢ダム 概要・歴史

大荒沢ダムは岩手県和賀郡西和賀町にあったダム。正式には東北電気製鉄株式会社和賀川工場・大荒沢堰堤。1940年完成。

1964年竣工の湯田ダム湖底に沈んでいるが、水位によっては確認することができる。

状態
2011年09月15日作成  2019年07月19日更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

大荒沢ダム 住所

岩手県和賀郡西和賀町杉名畑

大荒沢ダム 種類

廃工場・発電所

大荒沢ダム 画像・写真

大荒沢ダム(1948年)
大荒沢ダム(1948年)

大荒沢ダム ストリートビュー・空中写真

大荒沢ダム 関連ブログ・参考リンク

廃線レポート
http://yamaiga.com/rail/waga2/main1.html
写真に写る、ダム湖を横断する建造物。これこそが、大荒沢ダム(正式名称:東北電気製鉄株式会社和賀川工場大荒沢堰堤)の姿で、湯田ダムと引き替えに廃止されて以来、水中に在り続けていた。前回はダムは水上に孤立していたのだが、今度はなんと、此岸へと細長い通路状の陸で続い
その3へ - 廃線レポート
http://yamaiga.com/rail/waga2/main3.html
2004年10月24日 これらコンクリートや石垣の構造物が何であるかは、推測の域を出ないが、大荒沢ダムの関連施設であった可能性の他に、旧平和街道の遺構で . さっきの廃墟で見つけた黒いドーナツがお気に入りで、連れて歩いているふみやん氏(正面)
ミニレポ第170回 旧岩手県道 大荒沢停車場線 (机上レポ) - 山さ行がねが
http://yamaiga.com/koneta/koneta_170.html
2012年1月7日 大荒沢駅は、湯田ダムによって生まれた大人造湖である錦秋湖(きんしゅうこ)に沈んでいる。 さらに大荒沢地区には昭和15年に和賀川本流を堰き止める発電用の大荒沢ダムが完成しており、当局にあって大荒沢 . 廃墟讃歌 廃道ビヨンド 』 
仙人隧道
http://aoft291.pro.tok2.com/tunnel/sennin_hai.html
湯田ダムに沈んだ大荒沢ダム廃墟。この時の水位でなければ見られなかったようだ。 普段は湖底になっている廃線跡を辿る。隧道はこの突き当たりにあり、右の写真では中央下部に. 坑口の石垣の一部が写っている。湖岸にはまるで、隧道のありかを示すかの 

ピックアップ廃墟