黄金山発電所 概要・歴史

黄金山発電所は岩手県花巻市にあった発電所。「黄金沢発電所」として紹介されていることもある。

1920(大正9)年、盛岡電気工事株式会社(明治37年7月創設)が黄金山金山開発のため建設。出力は3150kwであった。

1941(昭和16)年着工1954(昭和29)年竣工の田瀬ダム(たせダム)により水没、岩根橋発電所と共に廃止された。

田瀬ダムのダム湖・田瀬湖(たせこ)の湖底に沈んでいる。

ダム湖の水位が低い時期には、近くの白金橋上からコンクリート遺構を確認することができる。

また付近には記念碑、水路跡なども残っている。

状態■■
2019年02月26日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

黄金山発電所 住所

岩手県花巻市東和町田瀬

黄金山発電所 種類

廃工場・発電所

黄金山発電所 画像・写真

黄金山発電所
黄金山発電所

黄金山発電所 ストリートビュー・空中写真

黄金山発電所 スポット

黄金山発電所 ブログ・リポート

黄金山発電所 - ウ ラ デ コ
http://oced16.blog120.fc2.com/blog-entry-158.html
あれは夢だった儚いひとつの話にしかすぎないまばたきをするよりもあっけなく、、なんにも無くなってとても静かになっちゃったよ。かけがえのないいろんなこといろんなもの
湖畔の古城 : ふしぎの里・遠野を行く
http://tonolove.exblog.jp/7941761/
一斉に芽吹いた若葉に山が覆われようとしていた頃の事・・・・・その時、新緑の陰から見えたもの。「おんや~・・・・・」何か、ぁゃしぃモノが現れた。こ、これはまさしく古城の一部!全容現る!湖畔に佇む謎の古城の正体は烏賊煮如何に・・・・・湖、吊橋の反対側を望む。橋梁建
numako日記05年
http://numako22.web.fc2.com/nikki05.html
黄金沢発電所の水路隧道田瀬湖は白金橋の袂にある黄金沢発電所跡ですが大高瀬の取水口から続く水路の途中に二箇所ばかり隧道があります。一本目の隧道は取水口からちょっと下った所、R107の下に潜っていきます。これは去年の9月頃の画像ですが、煉瓦で出来た端正な坑門が見て
田瀬ダム(北上水系猿ヶ石川)(岩手県)
http://www.cafe-dragoon.net/trip/dam/tase.html
ダム湖である田瀬湖に沈んだ遺構。どうやら黄金沢発電所跡らしいです。ダムすぐ近くにある謎のアーチ状の建造物。もしかしたら旧道跡なのかもしれません。
昭和初期 黄金沢発電所
http://sugaken-tono.co.jp/archives/147
アルバムのキャプションに「黄金沢発電所」とあり、初代・菅原勇助、二代目・菅原賢助の姿が見えるが詳細は不明。おそらく現在の花巻市東和町田瀬黄金沢にあったとされる発電所のことであろうか。トロッコ用の軌道が見える。箱石祐一著「雄鹿戸トンネル岩泉の交通」によると、岩泉
東北撮影ツアー初日: Yamaro.net@blog
http://yamaro.asablo.jp/blog/2009/04/29/4275847
途中の田瀬湖というダム湖に吊り橋がかかってたので、ちょいと散策。橋から見下ろすと、謎の建築物。よく見ると階段らしきものもあります。ダムに沈んだ建物の残骸でしょうね。寄り道しつつ着いた釜石鉱山。残念ながら、既に本丸(?)は解体済み。Webで見た現役時の面影はあり
田瀬ダム  幻の発電所跡&温泉?お湯?、そして完結編: つるにななしのもへじ
http://774no.seesaa.net/article/419604243.html
幻の『黄金山発電所』跡だ!ダム建設にあたり、岩根橋発電所と黄金山発電所が水没したのだが、黄金山発電所跡は見ることができるらしい。スタートで謎の遺構を発見し、遺構続きとなるが、『黄金山発電所』という名前がいいじゃないか!登山口よりちょっと走ると、白金橋という、つ

ピックアップ廃墟