内海フォレストパーク 概要・歴史

内海フォレストパークは愛知県知多郡南知多町にあったテーマパーク。

1982(昭和57)年10月2日、名古屋鉄道によりに開業。

芝生広場、アスレチック、アーチェリー、パターゴルフ、ディスクゴルフなどのアウトドア施設のほか、スリリングスライダー、スカイモノレールなどの乗り物、また展望レストラン、ステンドグラス工房、サンドブラスト工房、南知多オルゴール博物館も設置された。

名鉄知多新線の終点・内海駅の南方、高峯山(標高128メートル)山頂一帯に位置し、海岸から内海ゴンドラ(ロープウェイ)で登頂する仕組みだった。

入場料は大人1000円、小人500円(ゴンドラ往復運賃含)であった。

2003(平成15)年11月3日に閉園。

施設は閉業後に解体されほぼ更地となったが、2008(平成20)年頃には道路と建物基礎、ゲート跡などの遺構が見られた。

その後草木が繁茂し、2019(平成31)年時点で、空中写真からは痕跡もわからないほどになっている。

2014(平成26)年頃に跡地の一部に太陽光発電設備が設置されている。

豊浜方面から北上しながらパーク跡を見ると、山肌にロープウェイのあった名残を見ることができる。

状態
2019年07月24日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

内海フォレストパーク 住所

愛知県知多郡南知多町内海

内海フォレストパーク 種類

遊園地・テーマパーク

内海フォレストパーク 画像・写真

内海フォレストパーク
内海フォレストパーク跡(2005年3月)

内海フォレストパーク ストリートビュー・空中写真

内海フォレストパーク スポット

内海フォレストパーク 関連ブログ・参考リンク

内海フォレスト●●●跡地 - 中退日記 - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/rinnkurimu/11893322.html
先日知多半島まで原付でいったんですが先端の師崎についたのが朝の7時半。。自分は基本的にどっかでかけたらすぐに帰っちゃうスタイルなんですがいくらなんでもはやすぎるだろうと。。せっかくなので内海フォレスト●●●というとこの跡地に行くことに。知多半島では1番高い?高
愛知県 内海フォレストパーク跡 その1 -underZero-
http://underzero.net/html/tz/tz_391_1.htm
1982年10月に開園したアスレチック・ディスクゴルフ・パターゴルフなどの施設を備えた野外アスレチック型パーク。明治村・日本モンキーパーク・南知多ビーチランドと並ぶ名鉄関連のレジャースポットでもある。入場料は地域・施設を考えると高額(閉園前はゴンドラ代込みの入
内海フォレストパーク | harubonだっちゃ!1 の ブログ
https://ameblo.jp/hinomaru1001/entry-10380376530.html
今日のタイトルになっている『内海フォレストパーク』は2003年11月3日限りで”閉園”となったテーマパークです本当は昨日の三日に記事にする予定でしたが『近鉄名古屋線拡幅の歴史をたどる』の記事に時間が思った以上にかかってしまい一日遅れになった事をお許しくださいそ
http://blog.livedoor.jp/cangee-memo/archives/11051723.html
南知多有料道路南知多I・Cから内海へ向かい15分。ちょうど内海海水浴場と山海海水浴場の中間に位置する"森の遊園地"が内海フォレストパーク。入口にはゴンドラ乗り場があり、これに乗って高峯山頂へと登るのがオープニング。登る途中、伊勢の海がキレイに見えて雰囲気はなか

ピックアップ廃墟