洲崎第一砲台 概要・歴史

花壇になった砲台跡

洲崎第一砲台は千葉県館山市にある戦争遺構。東京湾要塞の一環として建築された。

1928(昭和3)年9月起工、1931(昭和6)年11月備砲工事竣工、1932(昭和7)年10月竣工。巡洋艦生駒の主砲45口径30センチカノン砲2門砲塔1基が設置されていたという。

西岬小学校裏手の分譲リゾート地「ポピーランド」L地区に位置し、個人所有地となっている。地下構造物が残っている。

2018年12月現在、民家の庭で花壇として利用されている。

航空写真からも確認できる。

状態
2018年12月30日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

洲崎第一砲台 住所

千葉県館山市加賀名

洲崎第一砲台 種類

軍事施設・戦争遺構

洲崎第一砲台 画像・写真

洲崎第一砲台

洲崎第一砲台 ストリートビュー・空中写真

洲崎第一砲台 ブログ・リポート

南房総戦争遺跡 洲崎第1砲台跡散策(館山市西岬) - ウォーキング三昧 in 南房総
http://blog.goo.ne.jp/ntt00012/e/77eabcca6f381abe48c360baa86bd9d9
洲崎第1砲台跡(2013年11月16日)11月16日(土)、洲崎第1砲台跡(館山市加賀名)を訪れた。洲崎第1砲台は1928(昭和3)年起工、1932(昭和7)年完成で、巡洋艦生駒の主砲45口径30センチカノン砲2門砲塔1基が設置されていたという。洲崎第1砲台跡
The 1st Gun Platforms in Sunosaki(Tateyama City)
http://member.tokoha-u.ac.jp/~kdeguchi/hobby/japan/relics/sunosaki.html
2002年夏の洲崎第一砲台跡ポピーランドの地図.L地区が砲台跡.以前と異なり草木が払われたので全体の様子がよく分かる.砲塔井の跡はすっかり分からなくなってしまった.頂上からは館山湾が見渡せる.砲塔の地下構造物はそのまま残っている.ベンチレータ.ベンチレータ.造
戦後68年終戦の日特集 館山市の戦跡20 「洲崎第一砲台」(その3)
http://tateyamals.blogspot.com/2013/08/68193.html
洲崎第一砲台など砲塔砲台の建設は、旧陸軍と旧海軍の協働により実現しました。 陸軍は、まず海軍の動力式砲塔を学習することから始めたといいます。動力式の砲を装備するのは、はじめての経験でした。 旧海軍の大型砲塔は、動力を 
戦後68年終戦の日特集 館山市の戦跡19 「洲崎第一砲台」(その2)
http://tateyamals.blogspot.com/2013/08/68172.html
大正14(1925)年から昭和7(1932)年にかけて、東京湾の入口をふさぐようにつくられた4つの砲塔砲台(軍艦の砲を陸上の砲台としたもの)のうち、最後に完成したのが洲崎第一砲台です。

ピックアップ廃墟