陸軍福江観測所 概要・歴史

陸軍福江観測所は愛知県田原市にある陸軍伊良湖試験場関連施設。渥美郷土資料館の裏手に位置する。

伊良湖射場から伊良湖岬への遠距離射撃の観測する施設で、弾着の観測と気象データの測定を行っていた。

明治期のイギリス積みレンガ構造物やコンクリート遺構が見られる。

伊良湖防備衛所近くにも、同様の観的所跡が見られる。

状態■■
2018年11月30日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

陸軍福江観測所 住所

愛知県田原市古田町鐘鋳下

陸軍福江観測所 種類

軍事施設・戦争遺構

陸軍福江観測所 画像・写真

陸軍福江観測所
陸軍福江観測所
陸軍福江観測所
陸軍福江観測所
陸軍福江観測所
陸軍福江観測所

陸軍福江観測所 ストリートビュー・空中写真

陸軍福江観測所 ブログ・リポート

渥美半島に眠る「旧陸軍福江観測所」: たなぼた
http://yoshio-niikura.cocolog-nifty.com/tanabota/2012/11/post-09d6.html
明治38年(1905年)、半農半漁の平和な生活を送っていた伊良湖の集落は国から突然半年以内に立ち退くよう強制買収を指示された。陸軍の伊良湖試射場拡大のためだったという。そのわずかな期限内に114全戸が移転を完了したというから、軍の力は強かった。そして今もなお伊
陸軍伊良湖試験場 福江観測所その1 - コルサの「毎日がヒルクライム」 - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/corsa2003sp/39586717.html
以前、知人と渥美半島の戦争遺跡について話していたとき「そういえば通っていた高校の裏山に軍事関連施設があった」と言っていました。それを思い出したので自転車でトレーニングがてら探索に行ってみました。知人が通っていたのは渥美半島、田原市福江町の福江高校です。東側には
陸軍福江観測所|鶴翼の陣のブログ
http://ameblo.jp/marisiten-kansuke/entry-11717781361.html
明治38年(1905)陸軍技術研究所伊良湖試験場の拡大に伴い用地買収が行われ、現在も遺構が残る陸軍技術研究所伊良湖試験場周辺に行って来ました...。用地買収の周辺は大砲の射程距離が10kmに及ぶので、広範囲に遺構は点在しています。
旧陸軍実射試験場伊良湖射場(福江観測所) : トリップ管理人の部屋Version2
http://neotrip.exblog.jp/21404162/
伊良湖射場から伊良湖岬への遠距離射撃の観測する施設が古田町にある福江観測所である。レンガ造りで明治期の建物である。
陸軍伊良湖試験場福江観測所跡
http://www.geocities.jp/skegfirst/hukuekannsokujyo.html
陸軍伊良湖試験場福江観測所跡2008年1月訪問2009年3月訪問陸軍伊良湖射場跡に付帯する福江観測所。渥美郷土資料館の裏手にあるのですが、正確な場所がわからなかったので資料館の係員に伺ったところご存知ないとのことでした。するとわざわざ観測所について詳しい方に電
せめて休日には感動を
http://wonderinholiday.blog.fc2.com/blog-entry-327.html
京都で、しかも土曜日で桜を楽しむとなると何処も混みそう。なので、観測所に行ってみた。渥美半島の。暖かな春の陽気。その中で、前回と全く同じ姿で福江観測所は佇んでいました。福江観測所の背後には大振りな桜があるのですが、樹勢が大分弱まっているようで…花はほとんどつい
おまけ「陸軍伊良湖試験場福江観測所跡」 - ヨッシーハイム - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/mikucharat14/25316284.html
おまけ「陸軍伊良湖試験場福江観測所跡」 ◎前回の 陸軍技術本部伊良湖試験場 の弾着を観測する施設として七つの観測所がありましたが、今回は現存する二つの観測所のうち、一つの「福江観測所跡」を訪ねてみました! ◎陸軍伊良湖 

ピックアップ廃墟