半過洞門 概要・歴史

半過洞門は長野県上田市にある県道77号線の覆道。半過岩鼻(はんがいわばな)と呼ばれる断崖絶壁の下に位置する。

1956(昭和31)年に落石から車と通行人を守るため作られた。大きな崩落があったため1996(平成8)年に廃道となった。

状態■■■
2019年04月08日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

半過洞門 住所

長野県上田市小泉

半過洞門 種類

廃道

半過洞門 画像・写真

半過洞門
半過岩鼻。下で草に埋もれているのが半過洞門

半過洞門 ストリートビュー・空中写真

半過洞門 ブログ・リポート

あくす乳業の作業記録 半過洞門
http://aksmilk.blog.fc2.com/blog-entry-98.html
半過洞門は、上田市に所在する県道77号線の覆道です。沿道の岩鼻の落石から車と通行人を守るため、1956年に竣工したものです。大きな崩落があったため1996年に廃道となりました。廃道からは洞門を避けて東へ逸れるルートが新しい道となりましたが、現在は国道18号線の
あいでいブログ : 半過洞門と岩鼻に行ってみた[長野県上田市]
http://id77055.ldblog.jp/archives/25044168.html
ちょっと前の記事に少しだけ出てきた岩鼻。今回はその真下にある半過洞門に行って来ました。今回の画像はiPhone5で撮影したのですがHDRをオンにしたままだった為、影が二重に見える画像があります。ご了承ください。また、画像はクリックすると高解像度で見れます。位置
廃よれ!その2 | ベッド下ラボのぼやき
http://rald1991.blog.fc2.com/blog-entry-48.html
半過洞門(はんがどうもん)は、上田市と坂城町の境界付近にある「岩鼻」と言われる難所の下を通る洞門です。1995年に廃止されたことはわかっていますが、原因はその年の集中豪雨か地震の影響であると考えられます。こちらが岩鼻。文字通り岩でできた鼻のような形になっている
千曲川岩鼻の岩壁に残された旧洞門: たなぼた
http://yoshio-niikura.cocolog-nifty.com/tanabota/2011/10/post-2258.html
長野市と上田市とを結んだ県道77号線。昔北国街道と呼ばれたこの部分はいま国道18号線のバイパスに昇格し、県内の物流と観光とを支えている。見えているのは『岩鼻』という千曲川随一の難所。右岸の崖を下塩尻岩鼻(しもしおじりいわはな)、左岸の切り立った110mの断崖を
[16/12/03]半過洞門と半過トンネル
https://www.mmdb.net/yamagata-net/usr/mae/hobo/paged/A1460.html
[16/12/03]半過洞門と半過トンネル地域:上田市(登録日:2016/12/03更新日:2019/03/31)→画像表示[Lサイズ][オリジナル]記録日:2016/12/03上田市素晴らしい晴天に誘われてつい千曲公園に足を運んでみたくなりました。車で移動を

ピックアップ廃墟