衣笠高角砲台 概要・歴史

衣笠高角砲台(衣笠防空高角砲台、衣笠山高角砲台)は神奈川県横須賀市にあった横須賀海軍警備隊の施設。

1942(昭和17)年8月に12.7cm連装高角砲が2基装備されている。

アクセス困難だが、高角砲座3基のほか、指揮所と思われる建物跡、トーチカ、高射機銃掩体1基などが残るという。また麓の私有地には兵舎跡と言われるコンクリート遺構が見られる。

状態
2011年09月15日作成  2019年06月01日更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

衣笠高角砲台 住所

神奈川県横須賀市平作3丁目

衣笠高角砲台 種類

軍事施設・戦争遺構

衣笠高角砲台 ストリートビュー・空中写真

衣笠高角砲台 スポット

衣笠高角砲台 関連ブログ・参考リンク

とある戦跡と自衛隊 衣笠山高角砲台 その1
http://yakumo1100.blog.fc2.com/blog-entry-210.html
横須賀海軍警備隊横須賀地区高射隊第四高角砲大隊衣笠高角砲台とゆうらしい。12.7cm連装砲が最終的には2基装備されたそうだが、砲座は3基残される。海軍式12.7cm連装砲なので、高射砲でなく高角砲とする。この砲台は発見が究めて困難で、兵舎、弾薬庫、運が良くて聴
衣笠
http://www.geocities.jp/tcdnh830/yousai/newdata/kinu.html
衣笠高角砲台(防空砲台)要塞マップに戻る横須賀海軍警備隊横須賀地区高射隊第四高角砲大隊衣笠高角砲台という。開戦当初の昭和16年12月の軍隊区分に、横須賀防備戦隊防空砲台として衣笠の名があることから早くから設置されていた砲台であることがわかる。(昭和15年官房機
ふぉーとれす 衣笠高角砲台Part1
http://senseki739.blog118.fc2.com/blog-entry-99.html
さて、先月探索した衣笠高角砲台(防空砲台)の遺構について紹介します。yakumoさんにご案内いただき遺構のある山を目指す。まず麓の畑にある遺構を見る。コンクリート構造物が見える。畑で作業中の方に許可をとり近くで写真を撮らせてもらった。この遺構は兵舎跡の基礎、風
衣笠 防空高角砲台
http://www17.big.or.jp/~father/aab/yokosuka/kinugasa/kinugasa.html
衣笠防空高角砲台左:米軍航空写真M46-A-7-2-128(国土地理院)、右:M46-A-7-2-129(国土地理院)左:米軍航空写真M46-A-7-2-151(国土地理院)、南西側、右:M46-A-7-2-150(国土地理院)、南東側左:全体図、右:砲座周辺
横須賀武アルプス縦走 その2
http://ameblo.jp/isan-jun/entry-12270963610.html
お稲荷様が鎮座 衣笠山公園へ向かう途中に 今回のバリデーションルートである 大楠山へつづく藪道を歩きます ウラシマソウが群生しておりました 旧陸軍の建物跡 衣笠高角砲台跡です こちらの廃墟は聴音所とのこと

ピックアップ廃墟