弓張岳砲台 概要・歴史

弓張岳砲台は長崎県佐世保市の弓張岳(ゆみはりだけ、標高364m)にあった旧軍施設。

1941(昭和16)年に4ヶ月ほどで急遽建造されたという。1945(昭和20)年6月の空襲では300発ほどの射撃で応戦したが、戦果は皆無だった。

レーダー跡を中心に弓張岳砲台跡広場として整備されている。昭和40年代、炭鉱閉山による失業者救済事業として建設されたという。

当時の外観そのままに保存されている砲座が2つ残る他、指揮所跡らしき煉瓦遺構などが見られる。

状態
2019年05月17日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

弓張岳砲台 住所

長崎県佐世保市東大久保町

弓張岳砲台 種類

軍事施設・戦争遺構

弓張岳砲台 ストリートビュー・空中写真

弓張岳砲台 スポット

弓張岳砲台 関連ブログ・参考リンク

弓張岳砲台跡(1[軍港防備の防空砲台] | FORBIDDEN KYUSHU
https://forbiddenkyushu.wordpress.com/2010/08/27/弓張岳砲台跡1軍港防備の防空砲台/
佐世保が続いてますが、今回の写真は昨年10月頃のものになります。ちょっと過去の写真が全然公開出来てなくて、ここらで少しづつ出していかないとね。夏の探索って何が嫌って、くもの巣が嫌です。蜘蛛そのものよりも蜘蛛の巣が嫌です。だってベタベタくっつくんだもん。蜘蛛とち
佐世保市 弓張岳砲台跡広場
http://hasamiooen.fc2web.com/2011-report-39-1.html
佐世保市弓張岳砲台跡弓張岳は佐世保市内、佐世保湾を見下ろせる絶好の展望スポットで展望台は随時スピーカーから観光案内がなされていて車椅子用のスロープも作られていました。その昔、佐世保は村でしたが明治時代、天然の良港である佐世保湾に海軍の鎮守府が置かれ飛躍的に発展
ZeissLeica 弓張岳砲台跡(佐世保)
http://zeissleica.blog.fc2.com/blog-entry-107.html
弓張岳は、佐世保屈指の観光スポットですけど、展望台のすぐそばには、砲台跡広場という場所もあります。広場には、3か所の砲台跡があり、佐世保大空襲のときには、高射砲を発射していました。現在なら、ロックオンで確実に命中させるのでしょうけど、当時は高度8000m上空の
廃墟&近代化遺産(佐世保 弓張岳観光):響とバイクと山遊び:So-netブログ
http://hibiki15.blog.so-net.ne.jp/2008-01-18-4
遊歩道沿いの森の中には砲台関係の残骸のようなものが見えます。全く興味の無い振りをして写真を!開けた所まで来ると目の前に大きな砲台跡が出現!野外ホールのために壊されいますが何と無く砲台跡の面影が残っています。真ん中の円の部分の右上にジュースの缶用のゴミ箱があるけ
させぼばってん 弓張岳 砲台跡と関連施設
http://kujyuukushima.blog.fc2.com/blog-entry-72.html
弓張岳山頂の駐車場からスロープを上ると左手に「砲台跡広場」の入口があります。上のほうの階段は当時のままでしょうか。まず中央の一番きれいに残っているもの。超広角にて撮影。中へ降りると周囲の壕は弾薬庫でしょうか。中央の砲座があった部分には植栽されていますが、よく見

ピックアップ廃墟