仁保炭鉱(原口炭鉱) 概要・歴史

仁保炭鉱原口炭鉱)は福岡県飯塚市にあった炭鉱。

1894(明治27)年頃開坑。鉱業権は点々とし1956(昭和31)年に仁保鉱業、1957(昭和32)年に原口鉱業に経営が代わり、1963(昭和38)年に閉山。原口炭鉱とも呼ばれる。

地図位置に大門坑巻揚機台座跡などが残る他、大門坑の坑口がそのまま社に転用されている。

状態■■
2019年02月27日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

仁保炭鉱(原口炭鉱) 住所

福岡県飯塚市大門

仁保炭鉱(原口炭鉱) 種類

廃鉱・採石場跡

仁保炭鉱(原口炭鉱) ストリートビュー・空中写真

仁保炭鉱(原口炭鉱) スポット

仁保炭鉱(原口炭鉱) ブログ・リポート

仁保炭鉱跡地(1) | あれなん
http://fine.ap.teacup.com/chikumae_life/272.html
飯塚市(旧庄内町)仁保にあった小さな炭鉱周囲は三菱系(鯰田)や麻生系(綱分)の割と規模が大きな炭鉱が有る中、鉱区の隙間を埋めるように有ったらしい。他には多田地区にも小さな炭鉱が有った(現在は201号バイパスの下)◆仁保炭鉱◆明治27年開坑?(記録がココから)→
ALL-A blog 仁保炭鉱の一般公開
http://allxa.blog114.fc2.com/blog-entry-199.html
福岡県飯塚市。よみがえる仁保炭鉱懐かしむ人、驚く若者#nishinipponhttp://t.co/eHGGoKVg今日、これに行ってきます。postedat08:27:38仁保炭鉱(福岡県飯塚市)などを@opro_nobさんと見学後、お別れして帰宅中。いろい
仁保 炭鉱 旧大門坑(飯塚市)|鶴嘴さんのブログ
http://ameblo.jp/gmgwwmd0/entry-11293315520.html
大門坑の続編です他のネットの情報で、仁保炭鉱の坑口があるとの事で、見に行きます旧庄内町に、ヒッソリとその坑口は、あります何処にって、思った方もいるでしょうけど、この、お地蔵さんがある社がそうらしいです内部は、こうなっていて、坑口をそのまま使ってます再利用でも、
仁保炭鉱大門坑、一般公開 トライスターの放浪日記/ウェブリブログ
http://tristar.at.webry.info/201111/article_3.html
筑豊ヤマフェスタ2011炭坑復活!っというイベントが飯塚市の仁保炭鉱があった場所で行なわれました。土曜日は仕事でいけなかったので日曜日に行く事に・・・早い時間に行って帰ってくるつもりでしたが家をなかなか出れなくて出発したのは10時半・・・モクモクと走っていると
原口鉱業大門坑 : 萩原義弘のすかぶら写真日記
http://ysnowy.exblog.jp/19404157/
萩原義弘のすかぶら写真日記ysnowy.exblog.jpブログトップ原口鉱業大門坑福岡市飯塚市で久しぶりの筑豊。田川の石炭博物館は山本作兵衛翁の炭坑画を見るために多くの人が訪れていた。飯塚市の雑木林の中に埋もれていた原口鉱業大門坑。土地を所有する安藤さんが、
炭鉱遺跡( 福岡県 ) - 自然と戯れ庭作り - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/ynak1178/11367443.html
福岡県飯塚市大門残されていた炭鉱跡『原口炭鉱大門坑』その昔、筑豊地方は産炭地として隆盛を極めた。燃料資源が石炭から石油へと変わり、閉山が相次いだ後は、炭鉱は埋め立てられ工業団地や住宅街へと変わって行った。以前は、保全するといった考えは無かったため、当時の面影を
仁保炭鉱跡地(2) | あれなん
http://fine.ap.teacup.com/chikumae_life/330.html
春に調べたこの炭鉱跡地がこのほど土地の売買に絡んで敷地が整備され、モジャに埋もれて眠っていた炭鉱遺構が出て来たと西日本新聞に掲載されていた。各遺構が残ってるのはジモピーからの情報で判っていたのでこの冬モジャ突するつもりだったけどおかげで拍子抜けするくらい楽に見

ピックアップ廃墟