牟田炭鉱 概要・歴史

牟田炭鉱は福岡県飯塚市にあった炭鉱。

牟田炭鉱は炭鉱主として知られる伊藤伝右衛門が成功するきっかけになった炭鉱と言われ、見込みのない炭鉱とされていたが良質な炭層を発見、日露戦争の需要もあり巨万の富を生んだ。1907(明治40)年には官営製鐵所に売却され、製鐵所の原料・燃料炭供給源の一つとなった。

地図位置に牟田炭鉱の巻上機台座らしい遺構が残っている。

藪に埋もれているが道路上からも確認できる。

状態
2019年07月09日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

牟田炭鉱 住所

福岡県飯塚市潤野

牟田炭鉱 種類

廃鉱・採石場跡

牟田炭鉱 画像・写真

牟田炭鉱
牟田炭鉱の巻上機台座らしい遺構

牟田炭鉱 ストリートビュー・空中写真

牟田炭鉱 関連ブログ・参考リンク

ALL-A[飯塚市潤野の炭鉱]
http://allxa.web.fc2.com/archi/industry/coalmine/uruno.html
福岡県飯塚市の潤野(うるの)地区、ひよこ飯塚工場の裏付近に、炭鉱遺構と思われる構造物が残っている。炭鉱名については、筑豊の炭鉱にお詳しい「ちくまえ」さんは牟田炭鉱ではないかと推測されている(下記リンク先参照)。牟田炭鉱は、後に有力な炭鉱主となる伊藤伝右衛門が若
伊藤伝右衛門と牟田炭鉱 | あれなん
http://fine.ap.teacup.com/chikumae_life/117.html
だいぶ緑が増えて遺構探索には向かない時期になってますな何でしょうね?巻揚機台座にも見えるけど...これはまた冬に来ないかんですばいもし伊藤さんの牟田炭鉱遺構ならもっと大事にしてもよさげですが...放置って事は違うんだろうか??昭和3年地質図で、この付近にあるの
牟田炭鉱??煉瓦遺構とその周辺 | あれなん
http://fine.ap.teacup.com/chikumae_life/233.html
前回の投稿ではモジャで遺構接近は遠慮したが今回はモジャも手薄だしなにより周辺の草刈がされているので裏から接近してみた。冬とはいえ全容が見えん遺構この先に裏から行けるルートがあるそのルート入口付近の遺構何かの基礎?遺構の道路側ここまで綺麗に刈ってくれると色々探し
飯塚の遺構探訪 炭都と牟田炭鉱|くうねるあそぶ♪~NO RUINS,NO LIFE. ~|ブログ|Blue Field|みんカラ - 車・自動車SNS(ブログ・パーツ・整備・燃費)
http://minkara.carview.co.jp/userid/135933/blog/13971700/
その飯塚で炭鉱で一番成功したといわれるのが、炭鉱王伊藤伝右衛門氏彼が成功するきっかけを掴んだのが牟田炭鉱。その遺構が飯塚市潤野にあります巻揚機台座?伊藤伝右衛門氏ゆかりの炭鉱遺構であれば説明看板くらいあってもよいのだが・・・中は冬になったら入りましょう・・(汗

ピックアップ廃墟