忠隈炭鉱

忠隈炭鉱は福岡県飯塚市にあった炭鉱。

1885(明治18)年、麻生グループの創業者・麻生太吉が開坑。1894(明治27)年、住友に売却。1965(昭和40)年閉山。

今なお維持する数少ない中のひとつである。

地図位置に巻上機台座が残る他、円錐形を保ったボタ山が見られる。また劇場兼体育館として1939(昭和14)年に竣工した忠隈炭鉱会館が残っており、現在は幼稚園の設備として利用されてる。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

忠隈炭鉱 住所

福岡県飯塚市忠隈

忠隈炭鉱 種類

廃鉱・採石場跡

忠隈炭鉱 画像

忠隈炭鉱
©Google

忠隈炭鉱
©Google

忠隈炭鉱 写真・ブログ・リポート

ALL-A[忠隈炭鉱]
http://allxa.web.fc2.com/archi/industry/coalmine/tadakuma.html
福岡市からバイパス道路で八木山峠を越えて飯塚市に入ると、三つの峰が連なった小山が見えてくる。「筑豊富士」とも呼ばれる忠隈(ただくま)炭鉱のボタ山だ。炭鉱全盛期は産炭地の至る所に築かれたボタ山も閉山後は多くが切り崩されており、忠隈炭鉱のボタ山はきれいな円錐形を今
ALL-A[忠隈炭鉱の社宅]
http://allxa.web.fc2.com/archi/danchi/tanju/tadakuma-tanju.html
住宅は木造平屋建てで、1棟に2戸が入っている。一般に炭鉱住宅は1棟あたり4戸以上の長屋が多く、2戸は比較的珍しい。住戸の表・裏の二面だけでなく妻側(建物の側面)にも開口部があるので、通風・採光面での居住性は高い。住宅は水路の東側に規則正しく並んでいて、閉山から
住友 忠隈炭坑跡 | あれなん
http://fine.ap.teacup.com/chikumae_life/90.html
住友としては昭和36年に閉山、後に第二会社の忠隈炭坑㈱にて昭和40年3月まで操業し閉山。JR飯塚駅の南側、筑豊の象徴三連ボタ山の麓に広がる鉱業所跡地、閉山後40年以上経っている現在は宅地化や跡地を国道201バイパスが貫いて昔の遺構はほとんど姿を消ししつつある。
住友忠隈炭鉱
http://www10.tok2.com/home2/kurodaiya/kyushu-html/tadakuma/tadakuma.html
住友石炭鉱業(株)忠隈炭鉱飯塚駅付近から見る忠隈鉱ボタ山。手前の空き地は住友石炭の所有地。炭住には今も人が住んでいる。民家の石垣に石炭が使用されている。産炭地で時々見かける光景。炭鉱とは何の関係もないが・・・駐車禁止を訴えるフセイン(?)。戻る進むPowere
遺構へ行こう〜鉄道廃線跡を訪ねて〜|住友忠隈炭鉱ボタ運搬軌道(2005.5.4)
http://otchee.com/railroad/bota/bota.html
一番美しいと言われた住友忠隈炭鉱のボタ山。今はただの緑の山と化してしまいました。他所から来た方は、これが人工の山だとは思わないでしょうね。かつて、住友忠隈炭鉱で、おっちーじーさんも働いていました。私が幼少の頃はまだ緑も殆ど無く、軌道跡を通って登ったことがありま
住友忠隈炭鉱
http://hasiru.net/~maekawa/mine/tadakuma/tadakuma.html
住友忠隈炭鉱その1福岡県嘉穂郡穂波町忠隈忠隈炭鉱は、明治18年10月から麻生太吉が経営に着手していたが、明治24年と翌25年に続いた大水害により甚大な損害を受けたうえに、大断層に突き当たって出炭不能となり資金も底をついて苦境に立たされた。それを明治27年4月、
**「旧住友忠隈ぼた山”筑豊富士”」について** - 私の直方の風景
http://blog.goo.ne.jp/nonbiri-arukuyama/e/2237825b574f91145a06567c821a65df
「旧住友忠隈ぼた山”筑豊富士”」について筑豊地区の真ん中にそびえる旧住友忠隈炭鉱の「ボタ山」について述べます。旧住友忠隈ぼた山は、「筑豊富士」とも別称されるように、周囲の平野部から3連の重なり合ったピラミッドのように優美な姿をみせてくれます。ぼた(ボタ)は、石
住友 忠隈 炭鉱(飯塚市)|鶴嘴さんのブログ
http://ameblo.jp/gmgwwmd0/entry-11336454857.html
今日は、またまたメジャーな炭鉱跡をアップしますこちらは、飯塚市平恒にあった、忠隈炭鉱です飯塚市内からこちらへ向かうと、立派なボタ山が目にはいりますほぼ、完璧な形で残ってますボタ山の中でも一番綺麗なのでは、ないでしょうか探索を住宅街にも向けます住宅街の入口に炭鉱