下山田炭鉱 概要・歴史

古河鉱業下山田炭鉱は福岡県嘉麻市にあった炭鉱。

1895(明治28)年、古河市兵衛が頭山満より譲り受け開坑。1970(昭和45)年に閉山。

コンクリート土台遺構、その向かいに変電所のような建物跡がある。また1955(昭和30)年頃に建てられた下山田炭鉱病院があり、現在は支所の事務所として利用されている。周辺には社宅跡、第二坑口跡(私有地)などもある。

他に倉庫らしき煉瓦遺構なども見られる。

状態
2019年03月22日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

下山田炭鉱 住所

福岡県嘉麻市下山田

下山田炭鉱 種類

廃鉱・採石場跡

下山田炭鉱 画像・写真

下山田炭鉱

下山田炭鉱 ストリートビュー・空中写真

下山田炭鉱 スポット

下山田炭鉱 ブログ・リポート

古河鉱業 下山田炭鉱 | あれなん
http://fine.ap.teacup.com/chikumae_life/22.html
旧山田市にあった炭鉱(昭和45年閉山)旧山田市(現嘉麻市)には三菱上山田炭鉱、日炭山田炭鉱など大小いくつかの炭鉱があったが、古河下山田坑はその中の一つ。鉱業所は上山田線(廃線)の下山田駅に隣接し、駅構内にホッパー施設などがあった。昭和38年頃の鉱業所昭和38年
古河 鉱業 下山田 炭鉱|鶴嘴さんのブログ
http://ameblo.jp/gmgwwmd0/entry-11328099945.html
今日は、古河鉱業下山田炭鉱跡へ探索に行きます下山田団地方面から探索開始します登り坂を登って行くと、左側に土台の遺構発見その正面には、蔦が凄い変電所でしょうか気をとりなおして、坂を登ります土台の遺構から登ってすぐの所に昔の下山田病院がありますいまでは、事務所とな
古河鉱業 下山田 炭鉱2|鶴嘴さんのブログ
http://ameblo.jp/gmgwwmd0/entry-11328119623.html
古河下山田炭鉱の続編です前回の続きで元病院跡の周辺を探索しますコンクリート柵の遺構付近に社宅跡を発見社宅跡の付近には、レンガのタンクと古い配管の遺構もありますその他、遺構を探します、山を挟んで裏側にも探索に入ります裏側にも遺構がたくさん見付かりましたはじめは、
真夏の古河鉱業 下山田炭鉱跡地 | あれなん
http://fine.ap.teacup.com/chikumae_life/311.html
古河下山田炭鉱旧第二坑坑口跡旧二坑坑口です、今日はココかららしい(笑)以前帝王様のブログで掲載された民家裏に残る坑口実は私も以前訪問してますが家主さんが留守だったので保留物件でした。*ヤンキー(死語?)もいっぱい居たし..(^^;許可を頂き敷地内から角型は珍し
古河鉱業 下山田鉱業所跡地の遺構(隧道反対側とその他の遺構) | あれなん
http://fine.ap.teacup.com/chikumae_life/373.html
まずは運炭用と思われる隧道、隧道なら山向こうにも坑口があるハズなのでプチ登山から開始(^^;頂上付近で宇垣さまが発見した杭古河鉱業の社章(山に一)に漢字で古河と読める杭から向こう側へ下ったところに有りました、ウナブシ側の坑口反対側と違ってこっちは半分以上土砂が
古河鉱業 下山田炭鉱(Part2) | あれなん
http://fine.ap.teacup.com/chikumae_life/65.html
下山田炭鉱PaatⅡです。(PartⅠはこちら)夏の続きで藪の猛威も減ったころなので行ってみた。旧鉱業所病院(現在は古河機械金属筑豊事務所)前の土手も雑草が枯れてお約束のボタ石垣が見えてます。夏は雑草に埋もれていたこのコンクリート柵も、周りが綺麗に刈られて現役

ピックアップ廃墟