赤池炭鉱 概要・歴史

赤池炭鉱は福岡県田川郡福智町にあった炭鉱。

天保期より採掘開始。1885(明治18)年、海軍予備炭田に編入。1908(明治41)年1月、明治炭鉱株式会社の経営となる。1935(昭和10)年10月25日、第三坑で炭塵爆発の事故が発生。1939(昭和14)年3月、赤池鉱業所となる。1970(昭和45)年5月21日閉山。

地図位置に排気設備らしい遺構がある他、コンクリート土台の遺構、煉瓦遺構、橋台跡などが残る。

状態
2011年09月15日作成  2019年03月21日更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

赤池炭鉱 住所

福岡県田川郡福智町赤池

赤池炭鉱 種類

廃鉱・採石場跡

赤池炭鉱 ストリートビュー・空中写真

赤池炭鉱 スポット

赤池炭鉱 関連ブログ・参考リンク

明治鉱業 赤池炭鉱 | あれなん
http://fine.ap.teacup.com/chikumae_life/43.html
赤池町(現在福智町)にあった炭鉱(明治鉱業→赤池鉱業→昭和45年閉山)平成筑豊鉄道赤池駅から西側住宅地へ入るとゆるやかな上りの坂道になる、このあたりに鉱業所があった。昭和49年頃の鉱業所跡、既に閉山しているが施設の解体はまだ途中。(画像は「航空写真画像情報所在
明治鉱業 赤池鉱業所跡(Part2) | あれなん
http://fine.ap.teacup.com/chikumae_life/96.html
前回投稿の赤池炭鉱、冬で遺構が見やすくなったので再投稿。1974年頃の鉱業所(画像は国土交通省より)印が付いている場所に今回投稿の遺構がある今回は上の画像左側から順に...縦長に広い空地このあたりは昭和3年地質図には赤池1坑・2坑と書いてあり、この付近までトロ
明治鉱業 赤池鉱業所跡(Part3) | あれなん
http://fine.ap.teacup.com/chikumae_life/362.html
この冬は町史掲載の明治鉱業赤池鉱業所の配置図をヒントに回ってみた。まずは町の広報誌に載ってた当時の第三坑と四坑付近から金田方向に有るボタ山を見た景色左の巻揚機台座は80年代まであったみたいですがその後は撤去されました。線路の行く先は選炭場ですそしてこれは現在上
明治鉱業 赤池鉱業所跡(Part4) | あれなん
http://fine.ap.teacup.com/chikumae_life/372.html
前回投稿の続きで今回はパート2の最後に登場した煉瓦遺構町史掲載配置図から見ると囲みの中の施設で『タンク』と明記されとります1974年の航空画像では何かの施設が有るのが判る(画像は国土交通省より)場所は以下、現在はこんな感じ未舗装の坂道と登って行くと...畑の奥
明治 鉱業(株) 赤池 鉱業所|鶴嘴さんのブログ
http://ameblo.jp/gmgwwmd0/entry-11772407832.html
今回は、福智町赤池地区の探索を行います赤池地区には、明治鉱業(株)赤池鉱業所がありました(昭和49年の航空写真)この年代の航空写真では、硬山や積込場、選炭場のシックナーが確認できる多くの施設が確認できるが現在、住宅街となっているために遺構の残りぐあいなどが心配
明治 鉱業(株) 赤池 鉱業所(詳細)|鶴嘴さんのブログ
http://ameblo.jp/gmgwwmd0/entry-11368610039.html
前回の赤池鉱業所、詳細です赤池炭鉱は、坊主ヶ谷の口碑によれば、筑豊炭田中最も古い歴史を有し、天保の頃から小倉藩の御用炭山となった山である明治18年、海軍予備炭田に編入されたが、間もなく解除となった明治22年4月、安川敬一郎は、平岡浩太郎と共同して、選炭場付近に

ピックアップ廃墟