明治炭鉱 概要・歴史

炭鉱時代の事務所がそのまま残る

明治炭鉱は福岡県嘉穂郡頴田町(現・福岡県飯塚市)にあった明治鉱業株式会社の炭鉱。

1887(明治20)年12月に大城炭坑として開削。1896(明治29)年に明治炭坑(明治第一坑)と改称、勢田に大城支店を設ける。1901(明治34)年7月には本社を頴田村に移し大城支店を廃止。1932(昭和7)年9月1日閉山。

当時の鉱業所事務所をそのまま使った倉庫、選炭場らしいコンクリート遺構などが見られる。

私有地で管理されている。

航空写真、ストリートビューからも確認できる。

状態
2019年05月17日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

明治炭鉱 住所

福岡県飯塚市勢田

明治炭鉱 種類

廃鉱・採石場跡

明治炭鉱 ストリートビュー・空中写真

明治炭鉱 スポット

明治炭鉱 ブログ・リポート

明治鉱業 明治炭鉱跡 | あれなん
http://fine.ap.teacup.com/chikumae_life/6.html
飯塚市頴田の勢田に明治地区というところがあります。バス停にもしっかりその存在があった証が..バス停から山側へ入り、池の横の細い道を走ると洋館風の廃墟があります。この廃墟、恐らく明治炭鉱の事務所跡と思われますが確証はありませんちなみにこの洋風な建物、大正期のココ
明治鉱業 明治第一坑跡(Part2) | あれなん
http://fine.ap.teacup.com/chikumae_life/97.html
今回も以前投稿した旧頴田町勢田明治炭鉱の冬版。もう一つの目的は中泉駅から出ていた大城支線の終点(第一?第二?大城駅)とレールとかの痕跡が無いか探すため、許可を得て敷地内に入っての探索。まずは当時の鉱業所事務所をそのまま使った倉庫からパート1でも掲載していますが
明治鉱業 明治炭鉱に有ったらしい竪坑跡 | あれなん
http://fine.ap.teacup.com/chikumae_life/273.html
勢田の明治坑バス停から少し赤池方向へ進むと大城バス停がある。実はこの大城バス停付近にも明治坑の1つの坑口があったらしい入口には公園っぽい案内が有る(けど先に進んでも何もありません)丁度庭木の剪定してるジモピーに何か炭鉱遺構が残ってないか尋ねると『この上に竪坑の

ピックアップ廃墟