たのうら燕 概要・歴史

たのうら燕は新潟県新潟市西蒲区にあった旧燕市が運営していた保養施設。

1971年4月、燕市社会福祉協議会が保養施設として開設。1995年11月に閉館され1996年4月に燕市に寄付され、一時活用されるも、1997年3月で再び閉館した。

2014年にNSGグループへの売却が決まり、リニューアル再利用されている。現在は廃墟ではない

状態
改装・転用・リニューアルされています
2019年04月27日 更新

たのうら燕 住所

新潟県新潟市西蒲区間瀬

たのうら燕 種類

廃ホテル・宿泊保養施設・温泉

この物件のオリジナル画像をご提供頂ける方は、ぜひこちらよりご連絡下さい

たのうら燕 ストリートビュー・空中写真

たのうら燕 関連ブログ・参考リンク

西蒲原怪奇研究所:レポート05
http://www.geocities.jp/shige_chan2005/report05/index.html
とかく廃虚(というか人気のない建物)は怪談の舞台になりやすいもの…。シーサイドラインはいくつもの海水浴場を通過していますが、そのひとつの田ノ浦海岸には人気の温泉旅館もあり、夏には地元の穴場として多くの海水浴客も訪れる場所です。その一画に「たのうら燕」という閉鎖
柵の向こう側 たのうら燕
http://pulam.blog.fc2.com/blog-entry-106.html
旧燕市が新潟市西蒲区(旧岩室村)田浦地区に所有していた保養所跡。全く荒らされていないようすです…施設の名前。ちと欠落して足りないが…正面入口。ガッツリと器械警備されています!危険です!危険です!!危険です!!!中を覗き込むと、最近まで使っていたかのようなロビー

ピックアップ廃墟