あめりかまる(神保町)

あめりかまるは東京都千代田区神田神保町にあった喫茶店。

閉店後も趣のある建物がそのまま残されていたが、リニューアルされた。現在は廃墟ではない

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

あめりかまる(神保町) 住所

東京都千代田区神田神保町1丁目

あめりかまる(神保町) 種類

飲食店・ドライブイン

あめりかまる(神保町) 画像

あめりかまる(神保町) 写真・ブログ・リポート

あめりかまる|一応、カンパネルラ
http://ameblo.jp/campanerula/entry-10045774881.html
私が高校時代からあった喫茶店。いつ閉めたんだっけかな~?壊すこともなく、そのまま板が打ち付けられている。それすらも10年くらい経った気がする。これから先どうなるんだろう?小さいけど角店でいい立地だと思うのだが。
千代田区神田神保町1丁目
http://homepage3.nifty.com/kounomura/retro/chiyoda/kandajinbo1.html
あめりかまる。2005年4月撮影
雨ニモマケズ写真7点: --MERCURY in the AIR--
http://mercury.air-nifty.com/tmj/2004/10/post_13.html
つぶれた喫茶店の前を、配達のお兄さんが濡れることも厭わずに長靴はいて走っていくことの静と動。神保町の駅から出てすぐの、通称“さぼうる通り”。雨で暗い中に、喫茶さぼうるの古びたランプが妖しく光る。
神保町 その2: FABRICA
http://chiakih.cocolog-nifty.com/ic/2005/07/post_d35e.html
あめりかまる。ラドリオ仮店舗。ミロンガ。さぼうる。さぼうるを横から見たところ。手塚印刷(左)と名称不明の建物。※名称不明の建物は旧わかしお銀行でした。1930年(昭和5年)竣工。?→第一相互→太平洋→わかしお→三井住友と変遷。ちょっと前までは現役の銀行でしたが
2009年5月 - ぼくの近代建築コレクション
http://blog.goo.ne.jp/ryuw-1/m/200905/1
上:あめりかまる神田神保町1-71991(平成3)年9月1日一誠堂書店の裏で、写真中央後ろが一誠堂のビル。左:井上洋紙店神田神保町1-51985(昭和58)年9月靖国通りとすずらん通りの間の路地。突き当たりは右に少しずれるが四つ角で、あめりかやの角。