村木商店(神田須田町) 概要・歴史

村木商店は東京都千代田区神田須田町にあった擬洋風の近代建築。

岡田信一郎が設計したと伝えられていた。

建物前面に崩落防止のネットが設置された状態で長く放置されていたが、2013年解体。

解体され現存していません

村木商店(神田須田町) 住所

東京都千代田区神田須田町1丁目

村木商店(神田須田町) 種類

その他・廃墟一般

この物件のオリジナル画像をご提供頂ける方は、ぜひこちらよりご連絡下さい

村木商店(神田須田町) ストリートビュー・空中写真

村木商店(神田須田町) ブログ・リポート

OSN076看板建築(村木商店): ★近代建築探訪★
http://chuta.cocolog-nifty.com/arch/2012/03/osn0076-bdf0.html
「岡田さんの看板建築の隣が駐車場になったよ」と聞いて現地に行ってみると、旧村木商店の側面がよく見える状態になっていた。2003年頃、国会図書館所蔵の岡田信一郎設計図の中にある「村木商店」について、所在地は神田、という情報が得られ、古い商工名鑑を手がかりに神田須
神田・旧村木商店:棚からぼたもちVisual:So-netブログ
http://opas10.blog.so-net.ne.jp/2012-02-12
旧村木商店(建築年不詳)。手掛けたのは、あの明治生命館や歌舞伎座を設計した岡田信一郎。opas10を近代建築ヲタクにした、まさにあのお方。この建物、4年前にチャリでこの界隈をウロウロしていて発見。装飾のディテールがタダモノでないこと、ロマネスク(?)なファサー
レトロな建物-神田須田町・旧村木商店|寝言は寝て言うも~ん
http://ameblo.jp/hai6no1/entry-11161619026.html
神田須田町の細い路地に面して建つこの建物は、壁面の崩落防止のためか、建物前面にネットが張り巡らされておりました。最近隣りの建物が解体撤去され、今迄見ることができなかったその側面を拝見することができるようになりました。香港の九龍城砦を彷彿させるその姿に、この建物
神田須田の消えた近代建築 ~さよなら旧村木商店~   - 関東懐旧街 ~猫屋横丁の古い町並み~
http://komugi1007.blog.fc2.com/blog-entry-351.html
靖国通りから神田須田一丁目の裏通りへ入ったところに有名建築家「岡田信一郎」が設計したと伝えられていた擬洋風の近代建築「旧村木商店」がありました。昨年2012年の6月にこの場所を訪れた時には未だ建物の姿はあったのですが、今年の2月頃に建物が取り壊されたという話を
アクトデザイン凛太郎のブログ 旧村木商店
http://sumainoact.blog58.fc2.com/blog-entry-848.html
今日紹介する旧村木商店も神田須田町1丁目の建物です。(撮影/2008・11・22)タイル張りの建物で、老朽化したタイルの落下事故為に、ネットを張っている建物は良く見ますが、モルタル塗りの建物で、ネットを張っているのは珍しいと思います。鳥が止まるような凸凹は無い
旧村木商店|一応、カンパネルラ
http://ameblo.jp/campanerula/entry-10036399097.html
ネットではよく見かけます。私もネットで知って行ったのですが(笑)元々の佇まいの美しさもあるけれど、この寂れた姿も美しい。入口から中も見えて、2階の窓の中もちらっと見える。中に入ってみたい衝動に駆られるのだけど、入口には鍵がかかり、侵入者を拒む張り紙がある。きっ

ピックアップ廃墟