九段下ビルは、東京都千代田区神田神保町3丁目にある老ビル。旧称は今川小路共同建築。 南省吾が設計し...

九段下ビル

九段下ビル 概要・歴史

九段下ビルは、東京都千代田区神田神保町3丁目にある老ビル。旧称は今川小路共同建築。 南省吾が設計し...

九段下ビル 画像

Tokihiko Ishiki (https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Kudanshita_building_1.jpg), "Kudanshita_building_1", https://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0/legalcode

近くのスポット

九段下ビル ストリートビュー・空中写真

九段下ビル 関連ブログ・参考リンク

http://www.funkygoods.com/hai/kudan_b/kudan_b.html
ここに掲載した建築物は廃墟では無い。現在も店舗が入居し、現役として使用されて いる。しかし、外観はかなり荒れており、廃墟系建築物と見なすこともできる。この九段下 ビルは、都内中心部にあるためかなり有名な建築物だ。聞くところによれば、このビル
http://home.f01.itscom.net/spiral/kudan/kudan1.html
呼称・九段下ビル (近代建築シリーズ) 場所・東京都千代田区. 今回は都内にある近代 建築を訪ねる。 帝都高速度交通営団 九段下駅から徒歩二分。 古風な三階建ての ビルヂング。 廃墟風の建物だが、テナントも入る立派な現役ビル。 同潤會アパートと 同じく
http://www.arakawas.sakura.ne.jp/backn013/kudansita/kudansi1.html
九段下ビル(地図)は同潤会アパートと同時期の1927年竣工。名のある建築家の作品 負けそうなコンクリ劣化。 確認しておくが、ここは現役のビル。廃墟ではない。 階段の 下はゴミ置き場。生ゴミを捨てるお馬鹿さんはいないようで、衛生的な問題はなさそうだ。
http://gabuken.info/blog/2011/05/%25E3%2581%2593%25E3%2582%258C%25E3%2581%25AF%25E5%25BB%2583%25E5%25A2%259F%25E3%2581%25A7%25E3%2581%2599%25E3%2581%258B-%25E3%2581%2584%25E3%2581%2584%25E3%2581%2588%25E4%25B9%259D%25E6%25AE%25B5%25E4%25B8%258B%25E3%2583%2593%25E3%2583%25AB%25E3%2581%25A7%25E3%2581%2599%25E7%2594%25BB%25E5%2583%258F.html
2011年5月15日 タモリ倶楽部でも紹介されていた、都内にあるメジャー廃墟(?)、九段下ビルに行ってき ました。 九段下駅から坂とは反対側へ少し歩いた所にあり、何度か前を通ったことは あったのですが、昼間にしっかりと撮影
http://kevin99.cocolog-nifty.com/mydiet/2009/12/post-4fbd.html
2009年12月11日 九段下ビル 廃墟系. 靖国通りを通るたびに気になる建物。東京で働いている人や近所の 学生さんは一度は目にしたことあると思う。九段の坂を下りて川を渡った目立つ場所に ある。ヌラヌラと放射されるものすごい妖気に目が釘付けになった
http://tsurukawajunin.blog90.fc2.com/blog-entry-1266.html
そう、九段下ビル。 廃墟なのかまだ使う気なのかよくわからんビルだが、震災の影響を受けずに健在! わずかに残るテナントは、今日も元気に営業中。 ついでなんで、ビルの裏も撮影。 相変わらずの違法建築むき出し状態にほっとした(よくわからんが(^_^;))。
http://ameblo.jp/indotei/entry-10623633917.html
一応少し前にタモリ倶楽部で都心の廃墟として紹介していた、九段下ビル。 ピンが合っていないのは、携帯カメラが接写モードだったから。 ってか、そんなのつけるなよなーQRコードなんかめったに読まないし・・・ 次回予告 次回は「夏の思ひ出」と題
http://ameblo.jp/artony/entry-10575320614.html
実は、この九段下ビルも、日本建築史上、重要な集合住宅。 前回、 “廃墟と化してる” とか言ってしまって、申し訳ない」 4 中銀カプセルタワー /黒川紀章 最寄駅⇒新橋 ここに注目! ○ワンルームマンションの元祖とも言わ
http://runshimo.blog.ocn.ne.jp/shoji/2011/12/post_e1b8.html
あちらは純然とした住居オンリーですが、九段下ビルは店舗兼用住宅です。 戦前は原宿も代官山も住宅地でお店などなかったんでしょう。 電話は当然あと付けでしょう。電話が復旧したのは戦後も昭和30年代後半からですから。
http://saoos.blog83.fc2.com/blog-entry-996.html
興味ももちろんあったのだが、さすがに廃墟化しているビル、 ひとりで撮影に行くだけの度胸が無かった。 それだけに、今回の撮影会は飛びついた恰好。 ちょうど今、「 さよなら九段下ビル 」ということで 8名の作家がここで最後の展示会を開催していたりする
http://ponichiphoto.blog92.fc2.com/blog-entry-1042.html
今全国では保存活動も叶わぬまま、人知れず解体されている廃墟や近代遺産が数多くあります 多くの人々に見守られ、解体の日を迎えている九段下ビルは そういう意味ではちょっとだけ幸せだったのかもしれません。 戦前の貴重な近代建築物を失い残念な気持ちに
http://ameblo.jp/6blogs/entry-11125276921.html
6Frogs - 毎日をデザインで考える-さよなら九段下ビル 廃墟. 東京都│九段下ビル. 滅び の美学 [ 廃墟・廃屋・遺跡・廃村・廃道 ] 探索 - 123 今川小路共同建築(九段下ビル). 東京都千代田区神田神保町3丁目に一際目を引く古い雑居ビルが存在する(2012年1
http://applesoda777.blog.fc2.com/blog-entry-44.html
2012年2月1日 九段下がそろそろヤバイ。」 去年の暮れ、周りの廃墟スキーさん達がざわめいていた。 何のことか分からなかったが、聞いているとどうやら「九段下にあるイイ感じの現役雑居 ビルが解体される危機」であるということが分かった。 現役雑居ビル
http://applesoda777.blog.fc2.com/blog-entry-48.html
2012年2月3日 なんさんこういうビル好きでしょう? そちらの地方にもこういうのありますか? でも こういう味のある建築って文化財とかになって廃墟という価値がなくなってたりするから その線が微妙だったりしますよね。 九段下ビルのオブジェたちみんな素敵
http://members.jcom.home.ne.jp/w3c/omake/Kudanshita.html
一階にあつた喫茶店がおとつときの店で、「いざと云ふ時」に利用したのですが、店内は 綺麗で、だから「九段下ビルは廃墟」と云ふ印象は持つた事がありませんでした。二十一 世紀に入つてから何年間か、近辺をうろうろしてゐたものの、九段下ビルの最晩年のツ黴
http://homepage3.nifty.com/kounomura/tokyo/kudan.html
崩れたタイルとコンクリートの壁面、鉄の手摺だけが残る階段跡、その背後には古びたビルがそびえ建っている――廃墟ウォッチャーにとっては、なんとも心を奪われる光景ではないか。 背後の茶色いビルは、靖国通り沿いにある九段下ビル。昭和二年に建てられツ黴
http://blog.livedoor.jp/kurobee_ruins/archives/6740828.html
2008年11月30日、2011年12月24日探訪。建物の詳しい経緯は検索でいくらでも出てくるので割愛。2011年12月13日~26日にかけ、最後の住人となった大西信之氏の部屋がアトリエとして解放され、『さよなら九段下ビル』と称したイベントが行われた。2008
http://blog.livedoor.jp/kurobee_ruins/archives/7842084.html
2012年3月3日、9月10日探訪。昭和2年、台湾総督府の財団法人『学租財団』により台湾人留学生用の宿舎として国有地を借り受け建設された。戦後台湾総督府消滅と共に建物の所有権も不明になり、土地は国、建物は存在しない法人のモノとなり、所有権を巡り長年裁判が繰り広
http://www.ronworld.net/architectural_map/005_kudanshita
ふつう、建物は、風景になじむもので、その建物が存在すること自体、ごく当たり前のことのように思えるもの。気になる建物があったとしても、わざわざ見に行こうという気になることはまれで、そうこうしているうちになくなってしまうことも少なくない。これは、もともと三信ビルで
http://lequiosstar.blog.fc2.com/blog-entry-10.html
九段下ビルというのがあった。場所は九段下駅を神保町川に出てすぐ。1927年竣工後、関東大震災の被災者たちが共同出資して建設した店舗兼住居である。関東大震災以降、鉄筋コンクリートと耐震性を備えて建てられた、いわゆる「復興建築」の一つである。今はもう無いのですが。
九段下ビル 関連ワード
  • 12月4日
  • 12月9日
  • 1927年
  • 1階
  • 2011年
  • 26日
  • alterbau
  • at
  • from
  • posted
  • Sangetsuki
  • URL
  • via
  • いっぱいで
  • たくさんの
  • でかけてきました
  • まとめ
  • コメント
  • ツイート
  • パレスサイクリング
  • ビル
  • レトロ建築
  • 住民
  • 作品
  • 入ってみた
  • 入る
  • 全面
  • 取り壊し
  • 古い
  • 喫茶店
  • 場所
  • 多く
  • 大西さん
  • 大西信之さん
  • 姿
  • 学ぶ
  • 展示
  • 展覧会
  • 巡洋戦艦
  • 年内
  • 廃墟
  • 建物
  • 建築
  • 建設工業新聞
  • 惜別
  • 想い
  • 意味
  • 掲載
  • 昭和
  • 昭和2年
  • 普段
  • 最後
  • 最期
  • 朝刊
  • 東京
  • 様子
  • 歴史
  • 残る
  • 決まった
  • 潜入
  • 澤教授
  • 生き延びてきた
  • 画家
  • 竣工
  • 自宅
  • 藤太君
  • 行きたかった
  • 見る
  • 記事
  • 語る
  • 都心
  • 開催
  • 関東大震災
  • 雰囲気
  • 靖国通り
  • 風景