バイオスフィア2

バイオスフィア2(Biosphere2) とは、アメリカ合衆国アリゾナ州オラクルに建設された巨大な密閉空間の中の人工生態系。人類が宇宙空間に移住する場合、閉鎖された狭い生態系で生存することが出来るのか検証することと、「バイオスフィア1」すなわち地球の環境問題について研究することを目的としていた。

実験は2年交替で科学者8名が閉鎖空間に滞在し、100年間継続される予定であったが、実際には最初の2年間(1991年9月26日から1993年9月26日)で途切れてしまった。

1995年にバイオスフィア2の運営はコロンビア大学に委託され、2003年まで教育施設として利用された。

2005年には建物周辺の土地と共に売りに出され、2006年に宅地開発業者によって購入された。2007年からはこの施設をアリゾナ大学が利用している。

見学者を積極的に受け入れている。解説付きのツアーでレインフォーレスト、地下の機械類、西の圧力調節ドーム、居住棟を見ることができる。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

バイオスフィア2 国

アメリカ合衆国

バイオスフィア2 種類

研究・実験施設

バイオスフィア2 画像

バイオスフィア2
©Google

バイオスフィア2 写真・ブログ・リポート

有人宇宙システム研究室バイオスフィア2 見学
http://mylab360.blog81.fc2.com/blog-entry-101.html
最初の居住実験が終わって20年たちますが、ついにバイオスフィア2の見学に来ました。ツーソンの空港から車で1時間ぐらいのオラクルというところににあります。所有者は、次から次へと変わり、現在はアリゾナ大学が所有しています。20年前の設計で、資金不足で所有者が何度も