本山動力所

本山動力所は、栃木県日光市の足尾銅山跡にある遺構の一つ。

動力所では、削岩機の動力源である圧縮空気がコンプレッサーによって作られていた。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

本山動力所 住所

栃木県日光市足尾町本山1

本山動力所 種類

廃工場・発電所

本山動力所 画像

本山動力所 写真・ブログ・リポート

4,本山動力所 - 足尾銅山の世界遺産登録をめざして
http://www.nikko-ashio.jp/heritage/saikou/honzandouryoku.html
明治45年には、通洞動力所に大型コンプレッサー「インガーソルランドPE-2」が導入 されました。このコンプレッサーは、当時の国内の鉱山では最大となる320馬力の出力を 誇りました。大正3年には、本山動力所にも同型の大型コンプレッサーが導入されました 。
舟石林道脇に位置する足尾銅山最古の本山鉱山神社
http://www.shorebook.jp/ashi/yamafunaisi.html
本山動力所コンプレッサーで空気を坑内に集中供給する施設です。大正3年に設置され 、さく岩機等に使用された。(写真左:2008年3月30日) 足尾鉄道出川橋梁は大正三年( 1914)8月26日に開通(橋長54.82m)しました。支間約15mの出川橋梁を渡ると終点の
くろべぇの廃墟:本山動力所-livedoorBlog(ブログ)
http://blog.livedoor.jp/kurobee_ruins/archives/6297120.html
2008年9月17日、10月22日、2009年1月2日、10月13日、2011年10月10日探訪。明治23年、間藤水力発電所から送電された電力を変圧する為に儲けられた本山動力所。変圧された電気は本山坑関連施設の動力と電灯用に使用されていた。現存しているのは、大
足尾銅山 本山動力(コンプレッサー室) | 裏街POLKA
http://polka.wp.xdomain.jp/2009/01/honzan-doryoku/
足尾銅山本山動力(コンプレッサー室)日本>関東地方>栃木県>日光市>足尾町>[訪問日]2009年01月18日[更新日]2016年07月28日有木坑口から出川を少し下がった出川左岸寄りにある。日光発電所から送電された高圧電力を変圧して立坑や電車、コンプレッサ等の