足尾線は現在のわたらせ渓谷線の前身となった国鉄路線。足尾銅山関連施設跡の一つである。 間藤駅 - 足...

足尾線廃線区間

足尾線廃線区間 概要・歴史

足尾線は現在のわたらせ渓谷線の前身となった国鉄路線。足尾銅山関連施設跡の一つである。 間藤駅 - 足...

足尾線廃線区間 画像

© 2018 廃墟検索地図 転載禁止
© 2018 廃墟検索地図 転載禁止
© 2018 廃墟検索地図 転載禁止
© 2018 廃墟検索地図 転載禁止
© 2018 廃墟検索地図 転載禁止

近くのスポット

足尾線廃線区間 ストリートビュー・空中写真

足尾線廃線区間 関連ブログ・参考リンク

http://ameblo.jp/doblog5/theme-10037321896.html
2009年2月7日 足尾線 (栃木県/間藤-足尾本山) 前編 今回はこの廃止から約20年経った「足尾-足尾本山」区間へと足を伸ばしてきました。 . 補強のためにコンクリートを被せたのでしょうか? 廃墟もあるようで、こちらも次回は見ようと思います。
http://www.geocities.jp/takeshi_departure/asio-sen.html
足尾線廃線跡 > 栃木県の桐生から間藤までを走る「わたらせ渓谷鉄道」はかつて国鉄足尾線という名でしたが平成元年に第三セクターとして生まれ変わった路線です。足尾と聞くとまっさきに「鉱山の街」と言う印象を受ける通り、栃木県足尾町にある「足尾鉱山」ツ黴
http://yamaiga.com/rail/kusaki/main.html
2008年5月27日 栃木県日光市足尾付近の源流から群馬県みどり市大間々町付近で関東平野へ注ぎ出るまで、南北に長く深い河谷を連ねる渡良瀬(わたらせ)川。 足尾と渡良瀬といえば、かつて(いまも?)国語教科書の定番となっていた田中正造の苦闘のツ黴
http://www.asahi-net.or.jp/~se1t-imi/lr_ashio/lr_ashio.htm
廃止区間起点. 崩落1, まもなく現れたのは最初の崩落箇所。 崩落よけのネットを突き破って大きな岩が線路を塞いでいる。 松木街道とクロスした直後1つ目の鉄橋を渡る。本山方から、間藤方を望む。 最初の鉄橋. プレートガーダのスティッフナ, 廃線区間には、ツ黴
http://blogs.yahoo.co.jp/ruinsrider/30021574.html
足尾銅山が昭和48年に閉山され昭和62年に貨物輸送の終了に伴い、足尾本山駅は休止駅となり間藤駅から足尾本山駅は廃線区間となりました。(実際は休止)
http://www.ogaemon.com/haisen/asio-sen/asio.html
廃線調査隊 足尾線 国鉄足尾線(わたらせ渓谷鉄道)休止区間調査 現・わたらせ渓谷鉄道 桐生~足尾本山 足尾線は、関東地方で三線区あった特定地方交通線のうち最後に第三セクターに転換された路線です。 足尾線の歴史は
http://www.asahi-net.or.jp/~se1t-imi/lr_ashio/lr_ashio2.htm
足尾線廃線区間(間藤-足尾本山)平成元年(1989) 1.平成元年の廃線跡 現役そのものといった様子で全区間の線路が残っていた。現在は、どうなっているのだろうか?上の写真は、本山駅に程近いトンネル。30パーミルを 超える
https://blogs.yahoo.co.jp/takaratta1152/42250036.html
【17年4月16日探索・18年1月18日公開】現在地はここ栃木県日光市足尾町下間藤この場所はけっこうご存知の方もいらっしゃると思う。わたらせ渓谷鉄道の終点、間藤
https://blogs.yahoo.co.jp/lovecame00/26969939.html
足尾足尾足オー!国鉄足尾線廃線区間訪問してきましたただいまデジイチの機種模索中です。ブログの本格的稼動は購入まで今しばらくお待ちください縲廴ENU縲弋ravel
http://inderruinensein.blog90.fc2.com/blog-entry-55.html
ぶらり足尾の旅。まずは廃線となった足尾線(現・わたらせ渓谷鉄道)の区間を歩きます。足尾鉱山の閉山と共に昭和48年に廃線となった足尾線。間藤駅
http://hdrts.com/blog-entry-295.html
ゴールデンウィーク最初の3連休2日目に足尾に行って来ました。その目的の一つは栃木県足尾町のわたらせ渓谷鉄道・・の廃線区間。廃線となった間藤駅と
http://resshatabi.blog31.fc2.com/blog-entry-430.html
わたらせ渓谷鐵道の間藤駅から先、旧足尾線の足尾本山駅手前までの区間で、「廃線跡を歩こうツアー」が開催された。途中に落石があるものの、線路
http://michiiro.blog.fc2.com/blog-entry-5.html
現在わたらせ渓谷鉄道が桐生から間藤まで44.1kmを結んでいるが、その先足尾本山まで1.9kmの廃線が存在する。足尾銅山が操業している間、貨物線として機能し