足尾線廃線区間

足尾線は現在のわたらせ渓谷線の前身となった国鉄路線。

間藤駅 - 足尾本山駅が未成区間となっている。1987年まで貨物線として営業。1989年にJR線として廃止されるまでは休止状態。以後はわたらせ渓谷鐵道の免許線(未開業線)となったが、1998年に免許が失効し名実ともに廃線となった。

神土駅(現・神戸駅) - 草木駅 - 沢入駅草木ダムの建設に伴う付替えにより旧線が廃線となった。

地図は足尾本山駅。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

足尾線廃線区間 住所

栃木県日光市

足尾線廃線区間 種類

廃線・鉄道駅

足尾線廃線区間 画像

足尾線廃線区間 写真・ブログ・リポート

足尾線|廃線跡訪問記 ブログ版 - アメーバブログ
http://ameblo.jp/doblog5/theme-10037321896.html
2009年2月7日 足尾線 (栃木県/間藤-足尾本山) 前編 今回はこの廃止から約20年経った「足尾-足尾本山」区間へと足を伸ばしてきました。 . 補強のためにコンクリートを被せたのでしょうか? 廃墟もあるようで、こちらも次回は見ようと思います。
足尾線(間藤-足尾本山)廃線跡
http://www.geocities.jp/takeshi_departure/asio-sen.html
足尾線廃線跡 > 栃木県の桐生から間藤までを走る「わたらせ渓谷鉄道」はかつて国鉄足尾線という名でしたが平成元年に第三セクターとして生まれ変わった路線です。足尾と聞くとまっさきに「鉱山の街」と言う印象を受ける通り、栃木県足尾町にある「足尾鉱山」 
廃線レポート 足尾線旧線 草木ダム付け替え区間 - 山さ行がねが
http://yamaiga.com/rail/kusaki/main.html
2008年5月27日 栃木県日光市足尾付近の源流から群馬県みどり市大間々町付近で関東平野へ注ぎ出るまで、南北に長く深い河谷を連ねる渡良瀬(わたらせ)川。 足尾と渡良瀬といえば、かつて(いまも?)国語教科書の定番となっていた田中正造の苦闘の 
足尾線廃線区間 - ASAHIネット
http://www.asahi-net.or.jp/~se1t-imi/lr_ashio/lr_ashio.htm
廃止区間起点. 崩落1, まもなく現れたのは最初の崩落箇所。 崩落よけのネットを突き破って大きな岩が線路を塞いでいる。 松木街道とクロスした直後1つ目の鉄橋を渡る。本山方から、間藤方を望む。 最初の鉄橋. プレートガーダのスティッフナ, 廃線区間には、 
足尾銅山:間藤駅~足尾本山駅の廃線区間 - - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/ruinsrider/30021574.html
足尾銅山が昭和48年に閉山され昭和62年に貨物輸送の終了に伴い、足尾本山駅は休止駅となり間藤駅から足尾本山駅は廃線区間となりました。(実際は休止)
足尾線廃線調査 - おがえもん.com廃線研究所TOPページへようこそ
http://www.ogaemon.com/haisen/asio-sen/asio.html
廃線調査隊 足尾線 国鉄足尾線(わたらせ渓谷鉄道)休止区間調査 現・わたらせ渓谷鉄道 桐生~足尾本山 足尾線は、関東地方で三線区あった特定地方交通線のうち最後に第三セクターに転換された路線です。 足尾線の歴史は
足尾線廃線区間 - プロバイダ・インターネット接続はASAHIネット
http://www.asahi-net.or.jp/~se1t-imi/lr_ashio/lr_ashio2.htm
足尾線廃線区間(間藤-足尾本山)平成元年(1989) 1.平成元年の廃線跡 現役そのものといった様子で全区間の線路が残っていた。現在は、どうなっているのだろうか?上の写真は、本山駅に程近いトンネル。30パーミルを 超える