矢板トンネルは、栃木県矢板市倉掛にある廃隧道。正式名称は「弥五郎坂トンネル」。 矢板市と日光市を...

矢板トンネル(東武矢板線)

矢板トンネル(東武矢板線) 概要・歴史

矢板トンネルは、栃木県矢板市倉掛にある廃隧道。正式名称は「弥五郎坂トンネル」。 矢板市と日光市を...

矢板トンネル(東武矢板線) 画像

By 珈琲牛乳 [CC BY 3.0 (https://creativecommons.org/licenses/by/3.0)]

近くのスポット

矢板トンネル(東武矢板線) 関連ブログ・参考リンク

http://www.hotetu.net/haisen/Kanto/100508tobuyaitasen.html
2010年8月16日 矢板線(やいたせん)とは、栃木県日光市(旧塩谷郡藤原町)の新高徳駅と、矢板市の 矢板駅とを結ぶ、東武鉄道の運営していた鉄道路線である。高原山麓、沿線の . ① トンネルを抜けた後は、この植え込みが東武矢板線の廃線跡。 東武矢板
http://www.k4.dion.ne.jp/~sinrei/yaitatunnel.html
矢板トンネルは、矢板市と日光市を結ぶ東武矢板線のトンネルであったが、1959年6月 30日をもって廃線となった。 その後、車道として使われていたようだが、崩落の危険が あることから完全封鎖されてしまったそうだ。 幽霊の噂としては、トンネル入り口を封鎖
http://www.occult-web.com/walk/kanto/tochigi/tochigi09.html
かつて東武矢板線のトンネルとして存在しており、時代の流れに沿って廃線。そのまま 車や歩行者の為のトンネルとして活用されていた。しかし、崩落の危険性が叫ばれ、 平成10年に通行禁止。全面閉鎖された。トンネルの形も馬蹄型であり、道路形状も かつては
http://kuromax.web.fc2.com/ruin/tochigi/tunnel/yaita/yaita2.htm
23.5kmの区間であるが、全線非電化単線で、廃線になるまでSLが走っていた。 トンネル内に入ると、天井が真っ黒になっている。これが、SLの煙の名残である。 鉄道 トンネルなので、トンネルの形が馬蹄形になっている。 東武鉄道矢板線は、1959年6月 30日に
http://www.tetsuhai.com/yaita.html
今回は前日2月16日に矢板側から踏査を開始したのだが、雪による渋滞と日没により 撃沈。暗闇の中に柄堀隧道(仮称)の矢板側坑口を確認するが撤退した。翌日宇都宮 から日光街道を抜けて新高徳駅側からの再チャレンジとなった。鉄道廃線跡を歩くⅡの
http://ja1klb.web.fc2.com/rail/haisen/yaita.htm
東武矢板線の廃線跡>・・・昭和34年廃止 奇麗に残る築堤: 東武鉄道矢板線は現在の JR矢板駅から東武鬼怒川線の新高徳駅を結ぶ線だった。北関東に行った しかし、 残念ながらトンネルは危険を理由に最近になって閉鎖されている。誰がやったのかその 塀
http://www.kysd.net/yaita.html
もっとも、会社の思惑とは裏腹に、矢板線の開業による経営への効果は期待したほど ではなかった。 . 地蔵坂トンネル跡のすぐ近くに見えるセブンイレブンの先の駐車場脇 から、廃線跡はカーブを描く築堤の形で、鉄道があった当時の趣そのままに現れる(D
http://www41.tok2.com/home/recall/tc/tc_s02.htm
2001年8月22日 昔は矢板線という列車が走っていたが、廃線になる。 廃線後に車道として使われていた が、崩落の危険性があることから、平成10年2月に廃道となり現在にいたる。 恐怖感 ★ ★★☆☆ リポート. Date:2001/05/03 夕方 閉鎖中のトンネル入り口
http://kyouhu.blogspot.com/2012/05/blog-post_6319.html
矢板トンネル. 栃木県では最恐スポットの一つとして有名な所である。通称「バケトン」 矢板トンネルは、矢板市と日光市を結ぶ東武矢板線のトンネルであったが、1959年6月 30日をもって廃線となった。 その後、車道として使われていたようだが、崩落の危険が
http://ghosttrip.net/tochigi/yaita.html
【矢板トンネル】心霊スポット概略. ・心霊スポット名:矢板トンネル-やいたとんねる・住所:栃木県塩谷郡塩谷町・ジャンル:トンネル・廃道・廃線・説明: もともとは東武鬼怒川線新高徳駅と東北本線矢板駅を結ぶ東部矢板線の峠越えの為に大正13年に完成したツ黴
http://ghostplace.net/tochigi/yaita.html
このトンネルは、元々は列車用のトンネルである。矢板市と日光市を結ぶ東武矢板線のトンネルであった。その東武矢板線が、昭和34年6月末に廃線となり、その後に一般のトンネルとして使われる様になった。 そのトンネルも、崩壊の危険性などから平成10年ツ黴
http://ameblo.jp/airitakashi/entry-10424332487.html
心霊スポットでも有名な矢板隧道です。今はもう使われていないトンネルで道の脇を下りていくとあります。入口前にはこんな標識。トンネル内の落石って…トンネル。塞がれていますが、穴開いてます内部。反対側は完全に塞がれていて真っ暗です。やっぱ不気味だわ
http://debopacer.blog48.fc2.com/blog-entry-5.html
鉄道の廃線跡は興味のある分野だ。身近にも何線かあり、東武鉄道矢板線跡もその一つ。かつて、途中にあった弥五郎坂トンネルは生活道路に転用されて
矢板トンネル(東武矢板線) 関連ワード
  • 11日
  • 科学