野尻森林鉄道(木曽川橋梁) 概要・歴史

野尻森林鉄道は中央西線野尻駅を起点とする野尻営林署管轄の森林鉄道。阿寺線、北沢線、柿其線(かきぞれせん)、北沢視線、殿線等から構成されていた。

1901(明治34)年に皇室所有の阿寺御料林に敷かれた軽便軌道を前身とする。1920(大正9)年には森林鉄道としては初のガソリン機関車を導入、翌1921(大正10)年には木曽川に鉄橋を架橋し直接野尻駅に乗り入れた。

トラック輸送に取って代わられ1965(昭和40)年に廃止。

地図は代表的な遺構である木曽川橋梁。中央はプラットトラス、両端は上路ワーレントラスとなっている。

状態
2011年09月15日 作成
2019年09月04日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

野尻森林鉄道(木曽川橋梁) 住所

長野県木曽郡大桑村野尻

野尻森林鉄道(木曽川橋梁) 種類

廃線・鉄道駅

野尻森林鉄道(木曽川橋梁) ストリートビュー・空中写真

野尻森林鉄道(木曽川橋梁) 関連ブログ・参考リンク

信濃路の橋 木曽川
http://hiro66.com/kiso_bridge.html
2013年8月20日 の橋」を追加しました。! 1.奥木曽大橋~36.行人橋まで 2014.4. 9 「木曽川の橋」を追加しました。! 37.中島橋~68.賤母大橋+3橋(岐阜県) 菅橋 (すげばし) 廃道. 写真 木曽郡木祖村菅 .. 殿大橋 55.大桑橋 56.木曽川橋梁 57.野尻向橋 58.阿寺橋 59.二又橋 60.柿其橋 ...
野尻森林鉄道
http://nishimiyaushiro.web.fc2.com/haisen/nojiri1.html
野尻森林鉄道木材を運び出すために木曽の谷に敷かれた無数の森林鉄道(略して林鉄)。野尻森林鉄道(便宜上こう呼びます)は中央西線野尻駅を起点に延びていた野尻営林署管轄の路線でした。阿寺線は木曽の森林鉄道でも最も歴史が古く1901(明治34)年阿寺御料林(皇室所有の
野尻森林鉄道 木曽川廃橋梁他
http://www.geocities.jp/tentacles344/kisogawakyoryo.html
野尻森林鉄道廃線跡木曽川橋梁(大桑村野尻:長野)地図はコチラ良質なヒノキの産地で知られる木曽の山。明治43年の中央線延伸は、木曽上松付近の林業に大きな影響を与えた。それまで木材の輸送はおもに木曽川の流れを利用していたが、中央線の開通後は鉄道を使った輸送へと変化
フクダジマ探検記 野尻森林鉄道 -木曽川橋梁-
http://kyuragi2011.blog.fc2.com/blog-entry-137.html
長野県木曽郡大桑村。この辺りは古くから林業を生業とし栄えてきた。ゆえに、木材を運搬する為の森林鉄道が多く敷かれ、その痕跡は現在も良く残されている。その代表的な遺構がこちらの鉄橋である。国鉄中央線野尻駅から分岐した野尻森林鉄道は、おおよそ林鉄とは思えない立派なこ
野尻森林鉄道・引き込み線1
http://rintetsu.net/nagano_06/nojiri00/nojiri_ns01.html
野尻森林鉄道・引き込み線(野尻貯木場ー野尻営林署修理工場)年譜木曽谷路線図野尻・柿其路線図地図01野尻貯木場ー野尻営林署修理工場▲野尻貯木場の塩尻方にあった修理工場へ延びる引き込み線。正式名称が不明なので“引き込み線”とす。野尻駅プラットホームより修理工場方を
木曽森林鉄道 野尻森林鉄道 殿線
http://www.soleil1969.com/ruinstop/tono/tono001.html
◆簡単スペック着工:不明全線開通:1936年1月廃止:1958年区間:殿-小川御料林7.4km+撮影:1999年2月、2004年3月、2005年4、5月、2006年12月参考資料:「思い出の木曽森林鉄道」(郷土出版)、大桑村誌ほか殿線の起点は、野尻線の野尻向の

ピックアップ廃墟