長ノ尾集落(安曇野市) 概要・歴史

長ノ尾集落(ちょうのお)は長野県安曇野市(旧・明科町)の廃村集落。

元禄時代より続く歴史ある集落だったが、昭和30年代に無人化。

数軒の廃屋が残る。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

長ノ尾集落(安曇野市) 住所

長野県安曇野市明科東川手

長ノ尾集落(安曇野市) 種類

廃村・過疎集落・ゴーストタウン

長ノ尾集落(安曇野市) ブログ・リポート

長野県の廃村集落探訪 旧明科町(現安曇野市) 長の尾 : 北信州探検日記
http://blog.livedoor.jp/urayamaex/archives/4664274.html
2014年4月28日 しかし、戦後、不便な立地であるそのような集落は離村が進み、数多くの廃村集落を生み出すことになりました。 今回訪れた旧明科町「長の尾」も .. 7, 長野県の廃村集落探訪 旧八坂村(現大町市) 辺尾(83). 8, 家族でハイキング 白馬大池( 
長ノ尾(明科町)
http://www.aikis.or.jp/~kage-kan/20.Nagano/Akashina_Chonoo.html
◆長ノ尾(ちょうのお)※この地図は、内務省地理調査所発行の1/50,000地形図「信濃池田」(昭和21.12)を使用したものである所在:安曇野市明科東川手(ひがしかわて)字長ノ尾?地形図:明科/信濃池田形態:山中に家屋が少数集まる標高:約720m訪問:2010

ピックアップ廃墟