ムクデン満鉄ホテルは静岡県熱海市のホテル。 1984年以降の開業。 ムクデンとは満州族語で「栄える都」....

ムクデン満鉄ホテル

ムクデン満鉄ホテル 概要・歴史

ムクデン満鉄ホテルは静岡県熱海市のホテル。 1984年以降の開業。 ムクデンとは満州族語で「栄える都」....

ムクデン満鉄ホテル 画像

ムクデン満鉄ホテルの奉天忠霊塔
© 2018 廃墟検索地図 転載禁止

近くのスポット

ムクデン満鉄ホテル ストリートビュー・空中写真

ムクデン満鉄ホテル 関連ブログ・参考リンク

http://ameblo.jp/lovin815/entry-11835208465.html
『熱海市網代』の「長谷観音」バス停脇にある、塔と…コンクリートの壁に書かれた、歴史的人物の名前。2010年に閉館されてしまった『ムクデン満鉄ホテル』の玄関です。
http://www.reson-ltd.co.jp/diary/?itemid=3965
だいぶ前に、世にも不思議なホテルとして、日記に書いたことがあるムクデン満鉄ホテルが休業していた。いつ行っても車一台人一人見かけないのに、駐車場も敷地もきちんと整備されていて不思議だと思ったのだが、今回近くを通り過ぎたら、草は伸び放題、壁には苔が生えていた。この
http://satoshiimai.seesaa.net/article/257348407.html
昨日は、撮影で伊豆・伊東へ。伊東への撮影の行き帰りで、いつも目にするホテルがある。「ムクデン満鉄ホテル」(写真がないのが残念)伊東~網代のトンネルが続く、海沿いの国道。そのトンネルの間にたつホテル。普通に走っていたら、さっと通り過ぎてしまう。国道沿いに戦中に亡
http://hayama55.blog.so-net.ne.jp/2011-02-20
ふと山側を見ると、茂みの中に怪しい看板が。よく見るとバス停の少し先にも、なにやら怪しげな塔が。この塔は日露戦争の供養のために満州奉天で建てられた塔を模して建てられたそうです。塔の後ろ側には、大隈重信やチャンドラボースなどの有名人の名前が山肌に書かれています。※
http://tan2015.web.fc2.com/kouka.html
伊豆半島の網代に10年ほど前にオープンの「ムクデン満鉄ホテル」。 「ムクデン」とは、満州族語で"栄える都"という意味で、奉天のこと。 建物も外観だけでなく室内も旧「奉天ヤマトホテル」を模して造られており、 満州関係の書籍、旧満州にあった都市の地図、満ツ黴
http://blog.livedoor.jp/rikiyasan3445/archives/5001362.html
最近はこういう「味」のあるホテルがどんどん無くなってきてます、どこもかしこも「バイキングプラン1泊2食付7800円!」ですからね。ラブホじゃないです。
http://tekdiver2.sitemix.jp/html2/arakawas/backn013/mantetuh/mantetu1.html
満鉄ホテル(1)伊豆東海岸・熱海から南下すると国道沿いの満鉄ホテルという施設が目につく。国道に面した駐車場にこのような看板や壁画がある。いったいここは何なの?と思ったので、ネットで調べてみたら、経営者が満州出身の方らしい。昨冬、2回電話して予約が取れなかった満
http://blog.livedoor.jp/aug_/archives/620437.html
戦前に満州に住んでいたかたがたには貴重な施設です!あなたのお側にそんなかたが居られたら紹介されてみては如何でしょうか?お喜びになるでしょう!今日の出来事-livedoorBlog共通テーマhttp://www.ohmynews.co.jp/news/20080
http://anchor.way-nifty.com/holadeck/2004/02/post_11.html
土曜から日曜にかけて、熱海からやや西の網代にある「ムクデン満鉄ホテル」に滞在した。もともとはずんころ氏が深夜ドライブ中に見つけて教えてくれたホテルで、話が盛り上がって一緒に泊まりに行くことになったのだった。事前にGoogleってみたが、ほとんど情報がない。ダイ
http://zunkoro.air-nifty.com/basue/2004/02/post_1.html
だらだらと化石燃料を浪費し、地球温暖化に貢献していると、思わぬ発見をすることがある。某日深夜の伊豆半島、熱海から伊東へ南下する国道135号線の網代付近で、不思議な建物と意外な文字が私の視界をかすめた。建物とは屹立する六面体の塔。文字とはその塔に書かれた「奉天忠
https://blogs.yahoo.co.jp/hr_crf2/65508056.html
伊東市方面へ南下すると、ムクデン満鉄ホテルがあります。旧満州国出身の方が経営していたホテルで、現在は廃虚です。営業していた頃のレポートはこちら