大谷鉱山(宮城県) 概要・歴史

大谷鉱山(おおやこうざん)は宮城県気仙沼市の旧本吉町大谷地区にあった鉱山。

平安時代より周辺で金が採掘され、平泉の黄金文化を支えたと伝えられている。

近代に入り、1905(明治38)年に試掘鉱区設定。

1928(昭和3)年に削岩機が導入され、1929(昭和4)年から日本鉱業株式会社が経営。1934(昭和9)年には月間鉱石処理能力3000トンの浮遊選鉱場が完成、近代化が進められた。

最盛期の1938(昭和13)年には従業員1303人、坑道総延長55キロメートル、年間産金量1トン余を記録した。

第二次世界大戦中の金山整備令によって1943(昭和18)年に休山するも、後の1950(昭和25)年に再開。

1962(昭和37)年に日本鉱業株式会社から分離して設立された大谷鉱山株式会社に経営が移る。

埋蔵鉱量の枯渇により、1976(昭和51)年に閉山した。

跡地には東京理化器械株式会社の宮城工場が建設されている。

また、2005(平成17)年に本吉町大谷鉱山歴史資料館(現・気仙沼市大谷鉱山歴史資料館)が設置されており、実際に使われていた削岩機や車両などを見学できるほか、資料館出入口の外からは大規模な選鉱場跡地を遠望できる。

2011(平成23)年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)により、ヒ素を含んだ鉱滓が置かれていた堆積場が液状化して土砂崩れが起きた。

状態
2011年09月15日作成  2019年05月27日更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

大谷鉱山(宮城県) 住所

宮城県気仙沼市本吉町高瀬ヶ森

大谷鉱山(宮城県) 種類

廃鉱・採石場跡

大谷鉱山(宮城県) 画像・写真

大谷鉱山
大谷鉱山

大谷鉱山(宮城県) ストリートビュー・空中写真

大谷鉱山(宮城県) 関連ブログ・参考リンク

大谷鉱山跡
http://www.toaru.net/sinnsezi/public_html/ootani.htm
廃鉱山跡があると昔から耳にしていたのだが、 場所も良くわからなかったのでいく機会がなかった。 しかし、今回暇な時間と、 案内人のジュ-ムズ氏のおかげで探索の機会ができたので行って来ました。 廃鉱山と言うからは、やはり山の中。 海岸線の道路から
大谷鉱山、鹿折金山
http://homepage3.nifty.com/hi-red/ooya.html
鉱山や廃墟を巡る人には良く知られた鉱山らしく、Googleで「大谷鉱山」のキーワードで 検索すると、ヒットするサイト数は京都の大谷鉱山と同程度でした。1971年に休山、 1976年に閉山になるまで、金を産出する鉱山として栄えたところです。 私が大谷鉱山を
金山跡探訪
http://www.geocities.jp/omorigold/A13_3.htm
大谷鉱山跡. 大谷鉱山は宮城県本吉町にあります。昭和中期閉山し今はこのような建物 の基礎のみが残っています。本吉一帯は藤原時代から豊かな産金地帯と知られてい ました。 大谷鉱山の今昔
大谷鉱山(宮城県)
http://www.miharu-e.co.jp/ja7fyg/kouzan/oya/oya.html
大谷鉱山は、奈良時代から金を採掘されたと伝えられ最盛期の昭和10年代には年間 約1トンの金を産出した我が国屈指の金山として従業員数も1500人を数えたが昭和18 年に金山整理令により休山、 昭和25年に操業再開した後も東北随一の産金量を誇った
zara's voice recorder: ヒ素含む土砂流出 気仙沼
http://zara1.seesaa.net/article/195177541.html
2011年4月10日 東日本大震災による土砂崩れと津波のため、宮城県気仙沼市の金鉱山の廃鉱から、 有害物質のヒ素を含む大量の 土砂が流れ出したのは、気仙沼市本吉町にある大谷 鉱山という廃鉱になった鉱山で、かつて掘り出した土砂を管理する堆積場です。 .. 3次 予選初戦北朝鮮に1-0辛勝 動画...
東日本大震災、素人のための情報まとめサイト: [転載] 放射能以外の
http://noguchihiromi.blogspot.com/2011/06/blog-post_1121.html
2011年6月1日 この日は宮城県気仙沼市の大谷(おおや)鉱山(廃鉱)の周辺や鹿折川下流を調査。同 大の理工系教員や学生ら20人が、壊れた建物の跡や川岸にたまった泥を採取した。 東北各地にはかつて多くの鉱山があり、ヒ素や重金属が川を通じて海
LOCARUINS Remix
http://locaruinsrmx.blog.shinobi.jp/大谷鉱山跡/大谷鉱山跡
正式名称:日本興業株式会社大谷鉱業所(後に大谷鉱山株式会社として分離)俗称:不明所在地:宮城県気仙沼市本吉町産出:金解説漁業が主要産業の町の鉱山なので、鉱山町の鉱山に比べると「鉱山もあったよ」程度の位置づけなんでしょう。山肌に遺構がしっかりと見えます。門の周り

ピックアップ廃墟