南三陸シーサイドパレス

地震で太平洋に落ちたホテル

南三陸シーサイドパレス(みなみさんりくシーサイドパレス)は、かつて宮城県本吉郡本吉町(現在の気仙沼市)にあったレジャー施設である。

1972年に遊園地とホテルとしてオープン。遊園地のアトラクションは、メリーゴーランド、ゴーカート、観覧車、スカイジェット、コーヒーカップなどがあった。1975年に経営者が変わった後、経営難で1980年代に閉鎖された。

その後遊園地の遊具類は撤去され、ホテルの建物のみが残っていた。

2011年3月11日に発生した東日本大震災の際には大きな20m級の津波が直撃し、建物は残ったが、周囲の松林と小泉海水浴場は消滅し、建物自体が河口から太平洋にせり出した形となった。

倒壊の危険性が高いことから2015年(平成27年)6月下旬に解体された。

解体され現存していません

南三陸シーサイドパレス 住所

宮城県気仙沼市本吉町中島

南三陸シーサイドパレス 種類

廃ホテル・宿泊保養施設・温泉

南三陸シーサイドパレス 画像

南三陸シーサイドパレス
南三陸シーサイドパレス
南三陸シーサイドパレス

南三陸シーサイドパレス ストリートビュー・空中写真

南三陸シーサイドパレス 写真・ブログ・リポート

spot409
http://www.sendaiwalker.com/sinrei/spot409.html
2004年8月16日 #409 南三陸シーサイドパレス跡遊園地跡. (気仙沼 廃墟写真集には載ってい たらしいので実在はするらしいのですが だれか 公園でなら出るらしいトコロを聞いた 事がありますが、 三陸海岸気仙沼遊園地なんてトコ聞いた事ありません。
楽園の幻影 「南三陸シーサイドパレス」
http://soukublog.blog113.fc2.com/blog-entry-599.html
人間が棲まうことを止めて、無機的な静寂に曝された廃墟は、その後に訪れた人間のあとかたを流星痕のようにずっとその場所に残し 三階建てのホテルの内部は今まで見てきた廃墟のなかでも特に踏み荒らされており、砕かれた破片や放棄された物体
東日本大震災 震災その後… 廃レジャー施設 「南三陸シーサイドパレス」
東日本大震災 震災その後… 廃レジャー施設 「南三陸シーサイドパレス」
http://soukublog.blog113.fc2.com/blog-entry-656.html
2012年1月2日 気仙沼市本吉町、陸前小泉駅から津谷川を隔てた河口付近に存在した、レジャー施設 の廃墟「南三陸シーサイドパレス」です。あの日、私は岩井崎の○吹○岩と日の出を拝み に出掛け、その帰り道にこの廃墟を訪ねました。 それから間もない3
#051南三陸シーサイドパレス--失われた場所クロニクル
http://www.geocities.jp/corruption_and_decadence/cn4/cn8/051.html
topphotoprofilebookmarkbookshelf#051南三陸シーサイドパレスMinamiSanrikuSeasidePalace
LOCARUINS Remix
http://locaruinsrmx.blog.shinobi.jp/南三陸シーサイドパレス/南三陸シーサイドパレス
正式名称:同俗称:不明運営主体:和光建設株式会社所在地:気仙沼市本吉町中島設備:ホテル、ボーリング場、メリーゴーランド、ゴーカート、観覧車、スカイジェット、コーヒーカップ解説1972年に、3階建てホテルを備えた遊園地としてオープンしたようです。1980年代の閉
東北の旅3: セキシュウの晴れたらいいな
http://8011.seesaa.net/article/401359516.html
そこで最初に訪れたのが前の記事の写真の場所、 海鳥の目の先に、 実は・・・ b1mae.jpg 異様な建物・・・ b2mae.jpg 南三陸シーサイドパレスです。 遺された廃墟、ご存知の方もいらっしゃるかも知れませんね。 津波と地盤沈下で、海の中に 
いわきち周遊券 : BRTで気仙沼へ - ライブドアブログ - Livedoor
http://blog.livedoor.jp/iwakichi_kameya/archives/2477282.html
この建物は南三陸シーサイドパレスというレジャー施設だったようです。津波に海岸線ごとすべてをさらわれて、この廃墟だけは残されたみたいです。 陸前小泉を出ると高台にある町へと出て本吉駅に到着です。BRTはここから本数が倍増し30 
東日本大震災、4年目の記憶 - あをべにブログ -Fp. - FC2
http://sawque.blog.fc2.com/blog-entry-144.html
上2枚は気仙沼市の南三陸シーサイドパレスにて、上写真は2011年1月2日、下写真は2012年1月1日撮影。 上写真手前に見える白とオレンジの壁面の建物がボーリング場で、その奥に少し隠れて見える建物が宿泊施設になっていた。
気仙ファン: #106 過去を紐解く
http://tomoyuki-mizukami.blogspot.com/2013/05/106.html
悩まされていたことが分かった。 裏表紙には「南三陸シーサイドパレス」というレジャー施設の広告が掲載されている。旧本吉町で1972年に開業し、ボーリング場や遊園地、宿泊施設を備えた場所だったが、震災前には既に廃墟となっていた。

ピックアップ廃墟