山崎峠廃墟(三安鉱山) 概要・歴史

山崎峠廃墟は、宮城県白石市の山崎峠付近にある謎の建造物。

コンクリートの床や壁面、突起物などがあり、一部で鉄骨が突き出している。

七里沢鉱山の関連遺構とも言われるが、三安鉱山(みつやすこうざん)の遺構らしい。

三安鉱山は1943(昭和18)年頃閉山。最盛期は千人規模の集落があり、学校や映画館もあったという。

状態
2019年04月16日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

山崎峠廃墟(三安鉱山) 住所

宮城県白石市小原

山崎峠廃墟(三安鉱山) 種類

その他・廃墟一般

山崎峠廃墟(三安鉱山) ストリートビュー・空中写真

山崎峠廃墟(三安鉱山) ブログ・リポート

山崎峠の先に謎の廃墟が・・・
http://www11.plala.or.jp/yamagutiya/page017.html
山崎峠の先に謎の廃墟が・・・ . 梁の跡であろうか、太い材木が通されていたようだ。 若松の鶴ヶ城の大手門でも同様なものがあったような気がする。 が、斜面に向かって 突き出ているのは不可解。 . 有望なものはなく、近くの古い鉱山跡も探鉱するらしいが 、
廃道日記/県道107号線 山崎峠(七里沢隧道)
http://dtm-rt.o.oo7.jp/3.dtm/6.ObRoad-Diary/project-2/001.kendou107/hido_deta2.html
C区間 (山崎峠県境~藤田駅踏み切り) :区間長:11.9Km (未舗装8.2km) 4月の 山崎峠。県境宮城県側に向けて建つ、だまし絵のような福島県表示。 接続する鳥取線に は、まだ残雪があった。 実は当時の鉱山の廃墟がまだ残っており、 「山口屋」様の
道路レポート
http://yamaiga.com/road/yamazaki/main4.html
これが、噂に聞く三安鉱山というものだろう。対岸の斜面の稜線から谷底に至まで、段々となって残雪がその遺構を鮮明に映しだしている。この鉱山については、相互リンク先サイト『山口屋へようこそ!』さんに詳細な踏査レポートがあるので、参照されたい。どうやら、昭和18年頃ま
七里沢隧道 県道107号線(赤井畑国見線) | 秘密結社ホール
http://zunda225.blog.fc2.com/blog-entry-94.html
なお、河北新報社「みやぎの峠」には以下のような記述も残っている。峠の近くには昭和18年頃まで三安鉱山があり、最盛期には1000人以上が働き、学校や映画館まであった。確かに七里沢隧道を通過後、意識して観察しているとそれらしい窪地を遠目ながら見ることができた。時間

ピックアップ廃墟