三ツ石(誘導弾標的) 概要・歴史

三ツ石誘導弾標的)は神奈川県足柄下郡真鶴町にある戦争遺構。

第二次大戦末期に研究・試作されたイ号一型乙無線誘導弾(現在でいう空対艦ミサイル)の投下実験が行われ、景勝で知られる三ツ石がコンクリートで固められ標的とされた。

海岸から遠いほうの二つの岩の低い部分を繋ぐようにコンクリートが打たれている。

干潮時であれば徒歩で登ることが可能だが、岩場が非常に滑りやすいため、フェルト底の磯足袋やフィッシングブーツなど、相応の準備と経験なしに近づくのは危険である。

状態
2011年09月15日作成  2019年07月17日更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

三ツ石(誘導弾標的) 住所

神奈川県足柄下郡真鶴町真鶴

三ツ石(誘導弾標的) 種類

軍事施設・戦争遺構

三ツ石(誘導弾標的) 画像・写真

三ツ石(誘導弾標的)
三ツ石(誘導弾標的)

三ツ石(誘導弾標的) ストリートビュー・空中写真

三ツ石(誘導弾標的) 関連ブログ・参考リンク

久々に戦争遺跡を見てきた - 黒的九月( ´⊇`)の死亡遊戯
http://d.hatena.ne.jp/blackseptember/20160806/1470494960
今回は見ただけでハッキリそれとわかる高射砲台跡や地下要塞跡ではなく、射撃標的の跡なのである。砲撃の標的として有名なのはアメリカ軍に占領された後に使われた茅ヶ崎の烏帽子岩(姥島)などがあるが、神奈川県にはもう一つ知られざる標的がある。場所は真鶴の三ツ石。夫婦岩の
神奈川の景勝50選、  その13の2 『真鶴岬と三ツ石』 - TOPPO WORLD
http://blog.goo.ne.jp/toppoworld/e/794210e4784d2300f91d191adf70b5f8
昭和19年11月、旧陸軍は秘密兵器「無線誘導弾」の攻撃訓練を始め、この演習の標的になったのが、敵の艦船に見立てられた三ツ石だったそうです。標準がそれた誘導弾が海岸線の宿に着弾し大きな被害もでたようでした。三ツ石の海側には今もそのころの痕跡があるそうですが、見た
終戦記念日。真鶴岬で黙祷。 : Carmenの粉雪スキャット
http://noisybabyz.exblog.jp/20210671/
太平洋戦争末期、真鶴岬の三ツ石は軍艦に見たてて魚雷実験の標的になったという噂もありますね。今日という日に、ここで黙祷していると、なんとも不思議な気持ちが湧いてきました。 ランチは磯料理魚伝さん(食べログの評判はこんなに値段高くてこの程度かみたいな感じで、め

ピックアップ廃墟