大池変電所 概要・歴史

大池変電所は熊本県合志市にあった変電所。

熊本電気鉄道株式会社の熊本市の藤崎宮駅と菊池市の菊池駅を結ぶ通称「菊電」の変電所として、1944(昭和19)年に使用認可されている。

変電所としては珍しい木造建物で、一見して納屋のように見える味わい深い建物である。

1986(昭和61)年に御代志駅~菊池駅間が廃止となり、その後しばらくは使用されていたが1988(昭和63)年に閉鎖された。

閉鎖後は熊本電鉄の倉庫として使用されていたが、現在は売却され個人の私有地となっているらしい。

状態
2011年09月15日作成  2019年07月17日更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

大池変電所 住所

熊本県合志市合生

大池変電所 種類

廃工場・発電所

大池変電所 ストリートビュー・空中写真

大池変電所 関連ブログ・参考リンク

大池変電所、購入できます。 | 九州ヘリテージ フィールドノート
http://blog.kyushu-heritage.jp/?eid=953237
昨年、開業100周年を迎えた熊本電気鉄道株式会社。熊本県で唯一の私鉄であり、また軽便鉄道から生まれた会社としては、現存する全国唯一の会社として知られています。昭和61年に路線のおよそ半分にあたる御代志~菊池間が廃止となりますが、長年にわたり熊本市と菊池市を結ん
大池変電所跡 ( その他文化活動 ) - bmhのブログ - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/koujihigasi/8927503.html
平成24年5月4日熊本県合志市大池に現存している熊本電鉄「大池変電所」跡の紹介です。この大池変電所は熊本市の藤崎宮駅と菊池市の菊池駅を結ぶ通称「菊電(きくでん)」の変電所として活躍していましたが、昭和61年に御代志駅~菊池駅間が廃止となり、廃止区間にあったこの
変電所の建物
http://www2.odn.ne.jp/~ccp10350/hendensyo/ss-structure/ss-structure.html
熊本電気鉄道大池変電所御代志~大池間にあったが線路際でなく少し東側に入ったところにあったので車窓からは見にくかった。御代志~菊池間が廃止された後も黒石変電所ができるまで電気を供給していた。現役時代に見学させて頂いたことがあるが、菊池変電所と同じ設備があった他、
大池変電所 : PHOTRESBIENNE
http://smakiphoto.exblog.jp/24374151/
カントリーパークのバラ撮影後、ちょっと寄り道。熊本電鉄の変電所跡です。倉庫らしき建物はウェルカム状態(入りませんでしたけど)正面入口には残念ながら板張りが・・・木造のモダンな造り。内部は覗き見る事しか出来ませんでした。
熊本電気鉄道大池変電所 – FORBIDDEN KYUSHU
https://forbiddenkyushu.wordpress.com/2011/09/12/%e7%86%8a%e6%9c%ac%e9%9b%bb%e6%b0%97%e9%89%84%e9%81%93%e5%a4%a7%e6%b1%a0%e5%a4%89%e9%9b%bb%e6%89%80/
カテゴリー: 熊本県, 熊本電鉄大池変電所, 発電所/変電所廃墟 タグ: haikyo, japan, Ruin 投稿者: yousuke666 コメントをどうぞ コメントを残す コメントをキャンセル コメントを入力してください。 以下に詳細を記入するか、アイ

ピックアップ廃墟