富士橋(富原橋横の橋脚) 概要・歴史

富原橋は静岡県富士市と富士宮市間を結ぶ富士川に架かる現役橋。県道10号線に位置する。

現橋の上流側すぐ隣に橋脚跡が残っている。

一般には富原橋旧橋の橋脚と言われているが、富士橋という鉄道用の吊橋だった。

芝川駅の裏にある製紙工場の専用線として造られたものだが、資金難で頓挫し使用されなかったという。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

富士橋(富原橋横の橋脚) 住所

静岡県富士市北松野

富士橋(富原橋横の橋脚) 種類

廃橋

富士橋(富原橋横の橋脚) 画像・写真

富士橋(富原橋横の橋脚)

富士橋(富原橋横の橋脚) ブログ・リポート

FP渡辺のちょっといいはなし : 富原橋旧橋脚
http://blog.livedoor.jp/rikiyasan3445/archives/5066943.html
現役橋の隣に残る旧橋脚、カタチからして以前は吊橋だったのでしょう。意外に目立ちますが記録が少なく、忘れられた存在になっています。
轍のあった道
http://tenere.blog.shinobi.jp/%E5%90%8A%E3%82%8A%E6%A9%8B/%E5%AF%8C%E5%8E%9F%E6%A9%8B%EF%BC%88%E6%97%A7%E6%A9%8B%EF%BC%89%E3%81%AE%E6%A9%8B%E8%84%9A
富原橋の記事にアップした写真、右に橋脚が写っている。これは旧橋の橋脚だ。重力式の石積みで、写真右(下流側)に斜めに張り出している。石積みか石張りで、頂部にはコンクリートが見える。下写真左に転がっているコンクリート塊も関係する部位かもしれないが、ちょっとわからな
富士川 富原橋 - ttt
http://blog.goo.ne.jp/nhh0/e/7aa9b119a5b1ce6fe14db99bcad45aeb
古い橋脚のようなもの
橋の散歩径 富原橋
http://www.pintruss.com/bridge/fuji/tomihara.htm
横には旧橋(吊橋か?)の立派な橋脚が。
富士川にあった富士橋と未成専用線::新気ままな日々(桜色のお部屋)
http://sakurairo.dip.jp/nblog/index.php?e=171
橋の名前は富士橋で現在の県道10号線の富原橋の上流側に架かってたつり橋。今も石積みの橋脚が残ってるいので旧橋の遺構だとは思っていたがまさか鉄道用のつり橋だったとは思わなかったな。もっとも、鉄道としては1度も使ってないけど。元は芝川駅の裏にある製紙工場の専用線と

ピックアップ廃墟