三井田川炭鉱伊田坑

三井田川炭鉱は、福岡県田川市伊田にあった炭鉱。

1908年に操業開始、1964年3月閉山。新田川炭鉱が跡を継ぐものの、それも1969年に閉山になった。

現在は田川市石炭・歴史博物館として整備され、当時の機械類などを展示した資料館がある他、伊田第一竪坑櫓や二本の大煙突が保存されている。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

三井田川炭鉱伊田坑 住所

福岡県田川市伊田

三井田川炭鉱伊田坑 種類

廃鉱・採石場跡

三井田川炭鉱伊田坑 画像

三井田川炭鉱伊田坑 写真・ブログ・リポート

石炭記念公園(田川市)
http://spaspa.gnk.cc/20051121_4/20051121_04.html
香春岳を背に立つ 「炭鉱夫之像」, 炭坑節之碑, 種田山頭火 歌碑 廃坑 若葉してゐるは アカシヤ, 「炭坑節発祥の地」の碑 背後に香春岳 伊田竪坑は、三井田川鉱業所が 田川開発の切り札として、1910年(明治43)に完成させました。 そのため、筑豊も深 竪坑
三井田川六坑のボタ山
http://lenin.jp/~maekawa/mine/botayama/botayama.html
三井田川六坑のボタ山 福岡県田川市 (2004年8月4日撮影). ボタ山は、中学や高校を 卒業してすぐ、大阪・名古屋・東京方面等へ集団就職していった子どもたちや、ヤマの 閉山で県外へ移らざるを得なかった元炭鉱労働者一家の象徴でもあった。 時が経ち、
石炭記念公園
http://www14.plala.or.jp/masachan71/ita.html
炭坑節発祥の地として、香春岳を背景に「炭鉱夫之像」、「炭坑節之碑」、「種田山頭火 歌碑」即ち、「廃坑若葉している 石炭のなりたちや石炭がどのようにして採掘されたか 、炭鉱で働く人々や生活の様子を、「三井田川伊田坑の模型」、「手掘り道具」、「機械
三井田川六坑のボタ山
http://hasiru.net/~maekawa/mine/botayama/botayama.html
三井田川六坑のボタ山 福岡県田川市 (2004年8月4日撮影). ボタ山は、中学や高校を 卒業してすぐ、大阪・名古屋・東京方面等へ集団就職していった子どもたちや、ヤマの 閉山で県外へ移らざるを得なかった元炭鉱労働者一家の象徴でもあった。 時が経ち、
旅行記 田川市石炭・歴史博物館、山本作兵衛コレクション展
http://washimo-web.jp/Trip/Tagawasekitan/tagawasekitan.htm
2011年12月10日 田川市石炭・歴史博物館 福岡県田川市にある田川市石炭・歴史博物館は、かつて日本 のエネルギーを支えた筑豊炭田の石炭 筑豊地方最大の炭鉱であった三井田川鉱業 所伊田坑の跡地に1983年にオープン。 . 廃坑 若葉してゐるは
山本作兵衛と旧三井田川鉱業所への旅(11) - 炭鉱電車が走った頃
http://blogs.yahoo.co.jp/ed731003/33716182.html
2009年8月2日 山本作兵衛と旧三井田川鉱業所への旅(11). 『炭坑(ヤマ)の語り部 山本作兵衛の 世界 ~584の物語~ 』の最終日に何とか暇を見つけて行ってきました・・・筑豊は田川 へ(~o~) のつづきです。 田川市石炭・歴史博物館の屋外展示場を見学
伊加利の炭鉱遺産:響とバイクと山遊び:So-netブログ
http://hibiki15.blog.so-net.ne.jp/2009-02-05
三井田川炭鉱の伊加利竪坑の煙突です。竪坑櫓の方は昭和44年に閉山になった時に大牟田の三井三池炭鉱四山坑へ移設されていまではこの2本の煙突が残ってるだけです。冬でも草ボウボウで近づけないし竪坑の台座も草に覆われて見えなくなってしまっています。頑張って真下に行って
ALL-A[田川炭鉱伊田坑トップ]
http://allxa.web.fc2.com/archi/industry/coalmine/tagawa-ita/index.html
田川炭鉱は福岡県田川市や田川郡で明治から昭和時代まで操業していた炭鉱である。福岡県内陸部の遠賀川水系流域は筑豊(ちくほう)地方と呼ばれ、かつては国内有数の炭鉱地帯として繁栄した。大手から中小まで多数の炭鉱が乱立していた筑豊炭田において、三井鉱山が経営する田川炭
黄金の煙突 | あれなん
http://fine.ap.teacup.com/chikumae_life/216.html
巷では志免鉱業所の竪坑櫓のライトアップで盛り上っていますが、ココでは地元の三井田川伊田の二本煙突ライトアップです。暗闇の中に浮かぶ金色の煙突田川は市ですが、福岡のように賑わってない(失礼(^^;)のが幸いして街灯やネオンが少ない分ライトアップ煙突が映えます。昼
三井田川鉱業所 伊田坑とその周辺 | あれなん
http://fine.ap.teacup.com/chikumae_life/197.html
先日ココ伊田坑と伊藤邸他が世界遺産候補リストから外れた。実際見て回って判る事ですが、確かに三池周辺の炭鉱遺構と比較すると残り方が中途半端であり、場所も散りすぎているのは確かですな。そんな落選?した伊田坑周辺を今回じっくり見て回った伊田商店街の西側へ延びる路地今
夜明けの三井 田川鉱業所 伊田坑 | あれなん
http://fine.ap.teacup.com/chikumae_life/106.html
超有名スポットです、福岡で言えば志免の竪坑櫓みたいなもんでしょう。この遺構については何の説明も要りませんな(^^)近くにホッパー遺構があったのでそこからだいぶ明るくなって来ました。竪坑櫓です、この左横に噴水か何かありますが、鉱業所時代はシックナーでした。円形な
春の旅28 ところで、石炭を見たこと、触れたこと、使用した
http://blog.livedoor.jp/oonoseiichi123/archives/44302466.html
「月が出た出た 月が出た 三池炭鉱 の上に出た あんまり煙突が高いので さぞやお月さん 煙たかろ サノヨイヨイ」で始まる炭坑節。ここは、1970年代まで北海道と並らぶ筑豊炭田の中心地だった。石炭は全国各地で採掘 された