日鉄鹿町炭鉱は長崎県佐世保市にあった炭鉱。昭和39年1月29日閉山。 地図位置にシックナーが残る。

鹿町炭鉱

鹿町炭鉱 概要・歴史

日鉄鹿町炭鉱は長崎県佐世保市にあった炭鉱。昭和39年1月29日閉山。 地図位置にシックナーが残る。
この物件のオリジナル画像をご提供頂ける方は、ぜひこちらよりご連絡下さい

近くのスポット

鹿町炭鉱 ストリートビュー・空中写真

鹿町炭鉱 関連ブログ・参考リンク

http://kyuragi2011.blog.fc2.com/blog-entry-195.html
長崎県佐世保市鹿町町周辺を写したひと昔前の航空写真を見ると、他を圧倒する巨大なボタ山が目に留まる。松浦炭田において一大勢力を築き上げた日鉄鉱業経営の鹿町炭鉱第一坑の輝かしき勲章である。現地に赴いて確認してみる。あれ程の巨大なボタ山であっても50年以上も経てばた
http://hayabusa-3.dreamlog.jp/archives/51394558.html
昭和39年1月29日に閉山してから、約半世紀が経つ鹿町町の日鉄鹿町炭鉱跡。かつては、北松浦郡吉井町の御橋(おはし)鉱、小佐々町の矢岳鉱、佐々町の神田(こうだ)鉱、そして鹿町町の鹿町鉱の4鉱を統括する日鉄鉱業・北松鉱業所が置かれた場所です。昭和31年に公開された
http://ameblo.jp/gmgwwmd0/entry-12133313340.html
大山氏の話から鹿町炭鉱へと向かう、火薬庫付近に痕跡が残るという情報から今一度その場所を詳細に調べたいその場所に残っていたのは、斜坑だった、確かに傾斜がついた坑口で斜め方向に地中へともぐっている気になるのが坑口のサイズ、手を広げても余る程の小さなサイズこれは人や