崎戸炭鉱

崎戸炭鉱は、長崎県西海市崎戸町にあった炭鉱。明治40年から昭和43年までの約60年間、石炭採掘で栄えた。

最盛期には約26000人が生活していたが、燃料需要のシフトと石炭景気の落ち込みにより昭和39年に一坑、43年には二坑が廃坑になり、石炭産業の歴史を閉じた。

中でも労働者の宿舎であった平和寮が廃墟として有名。福浦発電所福浦坑巻座福浦会館(崎戸劇場)映写室などの遺構も残る。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

崎戸炭鉱 住所

長崎県西海市崎戸町本郷

崎戸炭鉱 種類

廃鉱・採石場跡

崎戸炭鉱 画像

崎戸炭鉱 写真・ブログ・リポート

崎戸炭鉱1|廃墟二番煎じ
http://nibansenji.com/kyusyu/sakito1.html
崎戸炭鉱その1長崎県の西部、西彼杵半島の沖合に浮かぶ蠣浦島。ここに九州有数の炭鉱跡がある。その名は崎戸炭鉱。見晴らしのいい高台に、共同アパートが数多く建てられていた。その中の一つ、美咲アパートだ。炭鉱労働者と家族が住んでいたところであろう。その剛健なたたずまい
廃墟 崎戸鉱山
http://kiokuya-haikyo.versus.jp/ruins/mine/sakito/sakito1.html
廃墟写真、崎戸鉱山の写真です。記憶屋廃墟のドイテフが崎戸鉱山にやってきました。
崎戸炭鉱 - 廃墟賛歌 | gallery | Sakito Coal Mine
http://www.o-project.jp/Gallery-sakito1.htm
長崎県の北寄り、佐世保港から高速艇で約1時間の洋上に浮かぶ蠣浦島(かきの うらしま)に発展した崎戸炭鉱は、明治四十年(1907)から九州炭鉱汽船によって開発が 進められ、福浦坑(三坑)浅浦坑(二坑)蛎浦坑(一坑)を次々と開坑。昭和十五年(1940 )に
崎戸炭鉱跡
http://haikyo-hyouhon.parasite.jp/sakito/sakito01.html
■崎戸炭鉱跡■/ 01 /36. image. 魚雷試験場に続き 崎戸へやってきました。 廃墟の前 には 人々が憩う広場が。 いいコントラストだ。 まずはこの平和寮から。 image //// image //// image.
崎戸炭鉱二坑の調査開始! - BNR34のある生活 - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/kazu7046/49918907.html
2006年3月20日 この崎戸炭鉱には、まだ未調査で取り壊されておらず、デカイ遺構が残っている場所が あるのですよ~。 さて、その未開拓の物件は、その崎戸炭鉱二坑です。 その二 36 年前は、すでに廃坑となっており、建物の大半が壊されていますが、
崎戸炭鉱 - OCN
http://www16.ocn.ne.jp/~pacohama/kyosei/2sakitotan.html
この崎戸炭鉱については、1980年代末の長崎在日朝鮮人の人権を守る会『原爆と朝鮮 人5』、林えいだい『死者への手紙』などの調査・記録がある。調査の中で 崎戸町 .. 福浦の炭鉱跡のレンガ造りの煙突の上には廃坑後30年余を経て大きな草が生えていた 。
崎戸・セピア
http://torikon7.pro.tok2.com/sakito/s02/s025/s025.html
佐藤さん秘蔵のセピア色の崎戸の9枚の写真 1990/10/4 あれから22年・廃鉱に 集う男たち テレビ放映されたビデオも 身近に改めて崎戸炭鉱の写真を見ると親父達 の大変な仕事感謝してます、今石炭から石油に変わり残念ながら池島炭鉱も
情景探索記 美崎アパート -崎戸炭坑跡-
http://ponichiphoto.blog92.fc2.com/blog-entry-65.html
2009年1月15日 崎戸って海と自然に囲まれてホントいいところなんですよー 横浜にあったドリーム交通 のモノレール(ドリームランド-大船跡)も 僅かに残る生活感 -崎戸炭坑跡【美崎 アパート】- l ホーム l 猫の住む廃墟 -崎戸炭鉱跡【平和寮】- » 川棚魚雷発射 試験場 (14) . 廃墟探索 ...
大島町・崎戸町(長崎県西海市)・写真満載九州観光
http://www.yado.co.jp/kankou/nagasaki/nagasaki/oosima/oosima.htm
九州内のホテルや旅館、ペンション、民宿、ビジネスホテル、国民宿舎 line 町の あちこちに昔の炭鉱住宅であったアパート群が廃墟となり残っている。 また近くには ホテル咲き都(旧名:国民宿舎御床島荘)があり展望台やラジウム温泉「狸の湯」が あります。
肥前 炎天紀行 - 集落top
http://www.shurakumachinami.natsu.gs/01top-page/sintyaku-page/insyo-hizen.htm
半島の西岸の橘湾に突き出した猿葉山の南斜面にある、富津という密集系漁村集落を 歩いた。いつもながら しかし、現在は無人島の廃墟で荒れ放題。上陸は 港に戻り 長崎市営のクアハウスで汗を流し、庭のベンチに座って軍艦島を遠望していた。夕陽が
日窒鉱山、軍艦島、足尾銅山、松尾鉱山など鉱山廃墟  - 記憶屋「廃墟」
http://kiokuya-haikyo.versus.jp/ruins/mine/heiwa/saki2.html
廃墟の廃墟写真を紹介。日窒鉱山、軍艦島、足尾銅山、松尾鉱山など鉱山廃墟から 廃墟遊園地、廃墟ホテルなどの廃墟写真. 軍艦島、蛤診療所と周ったあと、この日最後 の探索である崎戸鉱山平和寮に向かった天気は快晴、暑すぎる・・・・ まずは崎戸橋から 一
三菱崎戸炭鉱 トライスターの放浪日記/ウェブリブログ
http://tristar.at.webry.info/200909/article_5.html
2009年9月8日 巻上げ機台座と変電所説があり僕にははっきり分かりません^^; そして最初の美咲アパートですが 3年くらい前の写真がありましたのでちょっと・・・・. 画像. 今思えば結構貴重な経験をしました。 画像. ちょっとそこらにある廃墟とはずいぶん違い 
崎戸炭鉱
http://www.geocities.jp/kashii_gannyuu/index.sakito.htm
崎戸炭鉱長崎には未だ現役の池島炭鉱以外にも、高島、端島、崎戸など多くの炭鉱が存在していた。その中でも最大規模を誇ったのが崎戸炭鉱である。1907(明治40)年から本格的に採掘が始まり、一時は7500人以上が従事していたこともあったが、石炭の時代の終焉に伴い19
長崎・崎戸炭坑
http://www.geocities.jp/purelove_haikyo/haikyo04/sakito01.htm
煉瓦造りの物件は美しいですね。ちょうど夕日に映えています。
廃墟シリーズVol.4(大島):響とバイクと山遊び:So-netブログ
http://hibiki15.blog.so-net.ne.jp/2006-08-10
[長崎県の崎戸炭鉱跡]西彼杵半島から大島大橋でつながった造船と観光の街の奥で見つけた歴史の残骸。炭鉱の施設だったと思われるレンガ造りの洋風な廃墟です、屋根は無く、外周はツタで覆われています。教会の後のようにも見えますがクロスの紋章が見あたらないので炭鉱の施設だ
廃色melancholy 崎戸炭鉱①
http://highkyo.blog29.fc2.com/blog-entry-284.html
長崎県崎戸町かつて炭鉱の島として、2万5千人の人々が暮らし賑わっていました。閉山後人々は去っていきましたが、当時の建物や施設が島にはまだ残っています。
廃墟&近代化遺産(崎戸に残る繁栄の幻影):響とバイクと山遊び:So-netブログ
http://hibiki15.blog.so-net.ne.jp/2007-09-11
去年の夏、僕は西彼杵半島の北西部に突き出た大島の崎戸炭鉱を訪れた。しかしその頃はまだ廃墟マニアでは無いと言い張って否定していた頃なので見落としていたものが多くて今回はその取りこぼしを拾うため、再び蛎浦島、崎戸の土を踏むこととなる。巨大なプランターと化した煙突が
サンフラワーで行くブルックナーと九州廃墟と - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/autumn_snake_1995/64033750.html
サンフラワーで行くブルックナーと九州廃墟と温泉の旅^Bruckner第9 Joseph Keilberth 2004年制作: 2014年、2015年改訂 藤原新也[『鉄輪』 つげ義春聖地 巡礼 クリップ追加
カズマ博士の廃墟探訪 : 廃墟の終わり 崎戸炭坑 (写真14枚)
http://blog.livedoor.jp/kazumahakase-jikkenshitsu/archives/25184196.html
以前紹介した崎戸炭坑。40年以上も長崎の外海の島に佇んでいたその廃墟が解体されると聞いて、 長崎に来たということでふらっと立ち寄ってみた。まず見て気づくのが、平和寮がなくなっている。奥に佇む煙突は無事だが
崎戸炭鉱<西日本廃墟ツアー2日目⑤ - - Yahoo!ブログ
https://blogs.yahoo.co.jp/ruinsrider/23238111.html
崎戸炭鉱は明治40(1907)年から九州炭鉱汽船によって開発が進められ、明治44年に三菱が九州炭鉱汽船の株の半分を所有し、販売権を独占する。そして昭和15年、経営は完全に三菱となり、数年後には100万トン以上を

崎戸炭鉱 キーワード

煙突