旧北炭化成工業所の大煙突 概要・歴史

旧北炭化成工業所の大煙突は北海道夕張市の産業遺構。

北炭化成工業所工場のコークス生産炉の大煙突である。1955年築、高さ63m、地上面の径5.0m、頂部面の直径1.9m。

工場は1934(昭和9)年から1978(昭和53)年まで稼動し、石炭からコークスを製造していた。工場跡はすべて解体され、跡地にゆうばり温泉ユーパロの湯、特別養護老人ホームとこの大煙突のみが残っている。

工場解体の後はユーパロの湯の象徴とされてきたが、ユーパロの湯も2018年9月現在休業している。

産業遺産として管理されている。

状態
2011年09月15日作成  2018年12月13日更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

旧北炭化成工業所の大煙突 住所

北海道夕張市日吉

旧北炭化成工業所の大煙突 種類

廃工場・発電所

旧北炭化成工業所の大煙突 画像・写真

旧北炭化成工業所の大煙突

旧北炭化成工業所の大煙突 ストリートビュー・空中写真

旧北炭化成工業所の大煙突 関連ブログ・参考リンク

旧北炭化成工業所 大煙突(コークス炉煙突)~北海道夕張市の炭鉱遺構・近代化産業遺産 ( 北海道 ) - 九州~列車で行こう~下町親父の珍道中 - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/hsnm3373/40189619.html
先日2014年5月中旬の北海道の夕張・帯広・糠平・十勝レポの続き。「旭沢橋梁」を見学したとは、「夕張炭鉱」に関する遺構を見に行きました。旭沢橋梁のレポは、「こちら」。清水沢駅まで戻り、夕張駅方面に進み、平和運動公園を過ぎてから、石勝線の踏切を渡り、進んで行くと
大煙突!~夕張・旧北炭化成工業所コークス炉煙突: ゆんゆん艦長の日誌2
http://sugar-deepspace-mine.cocolog-nifty.com/yunkan/2010/08/post-f5cd.html
見るからにたかーい煙突があるんですよ。遠くからみてても。実はここのとなりのユーパロの湯にも寄ったのですが、その敷地にありますのは旧北炭化成工業所煙突。昔の工場の後影はありませんが、その大きな煙突だけは当時のまま今も夕張の町を空の高みから見守っているんですね。っ
旧 北炭化成工業所・大煙突 : 遠い記憶、忘れられた風景。
http://moritocoa.exblog.jp/14318168
2009年05月05日・北海道夕張市日吉/CanonEOS40D EF-S10-22mm1:3.5-4.5
北炭化成の大煙突と黄色いハンカチ広場
http://www.asahi-net.or.jp/~re4m-idgc/YUUBARIH.htm
北炭化成の大煙突と黄色いハンカチ広場清水沢から鹿ノ谷へ抜ける道路をはしりながら注意深く東の方角を眺めていると今はもう緑に覆われた高台の上にひときわ高くそびえた煙突を望むことができます。これが旧北炭化成工業所の大煙突です。工場は昭和9年から53年まで稼動し石炭か
あの頃の夕張を求めて 北炭化成工業所
http://tabigeinintomato.blog.fc2.com/blog-entry-82.html
日吉のユーパロの湯の付近は、昔は北炭の大規模な化成工業所がありました。夕鉄のΩ(オメガ)カーブが見えます。写真向こう側は千代田の山肌でしょう。明治35年に北炭が追分にコークス工場を設立し、続いてこちらにコークス工場を建設しました。昭和9年に化成工業所としてリニ
消えて結ぶ幻の国キネマの世界 北海道夕張市本町 キネマ街道 ワンダートラベル81 | ワンダー速報
http://drumsyos.blog.fc2.com/blog-entry-1273.html
その途中、車窓から大きな煙突が見えたので、ちょっと寄り道してもらいました。それがこちら!!ドーン!!デカイ!!遠くから見ても目立つ大きさです。RXと比べてもこのサイズ。何の煙突かと思ったら旧北炭化成工業所という施設のコークスの煙突だったみたいです。高さは63m

ピックアップ廃墟