幌内炭坑変電所

幌内炭坑変電所は、北海道三笠市にある煉瓦造りの変電所跡。1919年(大正8)年頃建設。1989年(平成元)年幌内炭鉱閉山に伴い閉鎖された。

北海道炭礦汽船清水沢火力発電所から送られてきた電気を変電していた。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

幌内炭坑変電所 住所

北海道三笠市幌内中央町

幌内炭坑変電所 種類

廃工場・発電所

幌内炭坑変電所 画像

幌内炭坑変電所

幌内炭坑変電所 写真・ブログ・リポート

立て坑の町 三笠編 2
http://homepage3.nifty.com/rurounotami/tanto_mikasa02.htm
北炭幌内炭鉱変電所跡。 大正10年代に建設、レンガ張りコンクリート造2階建て。 北炭 清水沢火力発電所より供給される電気を変電し、幌内各施設に供給した。 入り口を前 にして建物の美しさと廃墟のオーラに私自身も時間を止めたかのように立ちすくんだ。
ドライブ2010
http://nakashow.web.fc2.com/cars/drive1/p2010/drive101123.html
三笠市幌内町へ カプチーノでは入れなかった奥まで また、かつての炭鉱街の景色を 補間に・・・ 木々が落葉すれば、また何かが見えるか? 道内最古の炭鉱、幌内炭鉱 の施設跡 幌内本沢町・・・こんな奥地にも炭鉱住宅はあったというから驚きだ・・・ . 今集中的に調べて回っているのは消えそ...
北辺廃徊図会廃墟と産業遺産 鉄道 乗り物 ワンダー物件探訪:Gallery02
http://hokuhenwander.web.fc2.com/phoga02.html
三笠市の廃墟と産業遺産の探訪画像を披露しています。
北炭幌内炭鉱変電所 変電所跡 炭鉱遺構
http://home.f01.itscom.net/spiral/horonai/horonai02.html
貴重な炭鉱などの遺構が解体されてしまう理由。 それは地元の人達の感情もひとつに あげられる。 かつて繁栄を極めた炭鉱と町を知る住民にとって. 廃れてしまった現在の 姿を見るのは忍びないという。 負の遺産、汚いものという感情を持つ人もいるそうだ。
青総さんのブログ -北炭幌内炭鉱立坑・変電所跡-
http://aososan0201.blog76.fc2.com/blog-entry-275.html
幌内炭鉱変電所有名な北炭清水沢発電所の電気を変電していたようです。それにしても自社で発電も変電もやってしまうという...さすが北炭。やることが違う!建物前には碍子が山積みにされて置かれてます。バルブようわからんす顔に見える機器とオサレな碍子植木鉢さまざまな遺構
北炭幌内炭鉱変電所 変電所跡 炭鉱遺構
http://home.f01.itscom.net/spiral/horonai/horonai01.html
呼称・北炭幌内炭鉱変電所 場所・北海道. 2006年 晩夏の北海道。 黄色い花の小径を 進む。 最初に出迎えてくれたのは狛犬。 坑口近くには神社が設けられていた。 コンクリートで厳重に閉ざされた坑口。 幌内炭鉱は平成元年に閉山となった。 選炭工場 などの 
北海道(幌内炭鉱・3) - 廃墟の王子様 - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/haikyo1010/14646489.html
2013年6月2日 廃墟の王子様. そうだ!廃墟に行こう。 お気に入りの人に登録/削除 さて本体の変電 所ですが、なんて美しいのでしょう。 私は、この変電所を去る前にすぐ隣にある「幌内 神社」へ. 立ちよってみました。 □幌内神社. 幌内炭鉱の開坑は 
見えなかったもの。 北炭幌内炭鉱変電所・幌内神社三笠市 - 2007.10.16
http://leontopodium.blog51.fc2.com/blog-entry-143.html
北炭幌内炭鉱変電所と幌内神社は隣接し、 林道の脇にあった。 炭鉱は生産量を増やすため作業機械がどんどん電力され、 光と影。 北炭幾春別炭鉱錦立坑櫓・巻上機室○三笠市 巨幹残栄・忘れられた日本の廃鉱―萩原義弘写真集.
りんごの廃墟旅 幌内炭鉱変電所・内部(1)
http://applesoda777.blog.fc2.com/blog-entry-136.html
どうしても中に入れそうにない幌内炭鉱変電所跡。 普段なら諦めるところだけど、ここまで来てあきらめられるかー!と私が取った行動は・・・。 市役所に電話をかけました。 「市役所の電話番号を調べて管理人さんに開けてもらう!」と断言した私に、 夫が「そこ 
りんごの廃墟旅 幌内炭鉱変電所・内部(2)
http://applesoda777.blog.fc2.com/blog-entry-138.html
P6250585.jpg 管理人さんも巻き込んでの探索はなんだか達成感があり、満足できました(´∀`) こうして内部も見れたので、ホントここに来たかいがあったし、管理人さん呼んで正解でした。 次回は幌内炭鉱のその他の施設跡を巡ります。 ☆廃墟ブログランキング 
りんごの廃墟旅 幌内炭鉱その他の施設跡地
http://applesoda777.blog.fc2.com/blog-entry-139.html
当時の幌内炭鉱の航空写真。 P6250486.jpg 神社や変電所はこうして修復された箇所もあるようですが、残念ながら神社は吹き飛ばされていましたね・・・。 P6250494.jpg ☆ブログ村ランキング☆ にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真 
廃墟探訪~幌内炭鉱1~|we sampo - Ameba
http://ameblo.jp/shiromaru8/entry-10724903183.html
変電所跡である!! 炭鉱、鉱山系には変電所はつきもの! ここも外観からして素晴らしいでないの!! we sampo. 近づいてみる。山奥の中にひっそりと佇んでるあたりが、また俺好み。 ちなみにこの変電所跡、数年前までは「幌内を歩こう」 
北海道(幌内炭鉱・2) - 廃墟の王子様 - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/haikyo1010/14646484.html
北海道の探索報告もまだ途中でしたね。(T_T) 忘れてました。 前回はこちらです。↓ 北海道(幌内炭鉱・1) 敷地内には一体何の機器だかさっぱりですが放置されていました。 他にも、変電所関連のモノたちだと思いますが鮮やかな緑が 勢い 
北海道(幌内炭鉱・4) - 廃墟の王子様 - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/haikyo1010/14664700.html
変電所前の空き地に停めた車に戻り、ドリンクホルダーのお茶を. 1/3程飲んで、来る途中に見かけた他の鉱山遺構を. 見ながら戻ることにします。 まずかつての坑道。「音羽坑」を見ます。 イメージ 4. すっかり緑に覆われた道を歩いていきます。
旧北炭・幌内変電所(北海道三笠市)|「そうだ樹海、行こう」 |←樹海| ┗(^o^ )┓三
http://ameblo.jp/woncul/entry-10645968980.html
SLなどが動態保存されている北海道三笠市の鉄道資料館からさらに山道をあがっていくと、北炭の幌内変電所が今もその姿をとどめている。ちなみに、この近くにある幌内神社の扁額は、戊辰戦争では幕府軍として最後まで戦い、のちに北海道開拓使としても活躍した榎本武揚が書いてい
北海道三笠市幌内の変電所遺構|「そうだ樹海、行こう」 |←樹海| (^o^ )三
http://ameblo.jp/woncul/entry-10598307694.html
北海道三笠市幌内の変電所遺構. 2010-07-23 00:42:39 テーマ:廃墟 · 「そうだ樹海、行こう」 |←樹海| ┗(^o^ この場所は北海道三笠市の幌内炭鉱の近く。 車で走っていると、森の中に建物が見えたので探索してみた。 あたりは一面の一年草のイタドリ(北海道 
旧北炭幌内変電所
http://hokkaidou.yukishigure.com//ruins2/page700.html
旧北炭幌内変電所(管理、一般公開されてます)
炭鉱への道-北炭幌内炭鉱変電所- 風哭く日々/ウェブリブログ
http://kazenakuhibi.at.webry.info/201407/article_8.html
2014年7月31日 風哭く日々の炭鉱への道-北炭幌内炭鉱変電所-に関する詳細記事。(Powered by BIGLOBEウェブリブログ)6月28日(土)北海道のお手軽変電所廃墟を見に行きました。
殺伐観光.com 産業遺産 北炭幌内炭鉱・変電所 【 灯り 】
http://sathubathukankou.blog121.fc2.com/blog-entry-10.html
ご存知幌内炭鉱・変電所跡地この辺りは整備され公園として活用されております。裏手の物置小屋を撮影していると灯りが点いた!わかる人にはすぐバレる絶妙のコラボです。w
手水舎崩れる - 炭鉱(道央)
http://tansakunoato.blog.fc2.com/blog-entry-454.html
神社から見える幌内変電所本当はもう少し神社周辺を探索したかったのですが、幌内変電所に外人さん含む団体さんが多数集まって来てたので落ち着かず、今にして思えばあれは三笠炭鉱の記憶再生塾さんだったのかも…団体さんは変電所の鍵を使って正面から中に入って行きました。ん~