陸軍鉄道連隊架橋演習用橋脚は千葉県千葉市中央区の戦争遺構。 千葉公園内に位置し、コンクリートの橋....

陸軍鉄道連隊架橋演習用橋脚

陸軍鉄道連隊架橋演習用橋脚 概要・歴史

陸軍鉄道連隊架橋演習用橋脚は千葉県千葉市中央区の戦争遺構。 千葉公園内に位置し、コンクリートの橋....

陸軍鉄道連隊架橋演習用橋脚 画像

© 2018 廃墟検索地図 転載禁止
© 2018 廃墟検索地図 転載禁止
© 2018 廃墟検索地図 転載禁止

近くのスポット

陸軍鉄道連隊架橋演習用橋脚 ストリートビュー・空中写真

陸軍鉄道連隊架橋演習用橋脚 関連ブログ・参考リンク

http://blog.goo.ne.jp/12240106/e/51f433abbd73c14b3a2ee8006ffec163
鉄道連隊戦地における鉄道の建設・修理・運転や敵の鉄道の破壊に従事する連隊。日本陸軍鉄道連隊の前身、鉄道大隊(2個中隊・電信1中隊・材料廠)は日清戦争後に初めて編成された。以来、日露戦争から太平洋戦争(大東亜戦争)まで活躍した。支那事変以前は近衛師団隷下の交通兵
http://s.webry.info/sp/takechann.at.webry.info/201008/article_5.html
綿打池の近くには「荒木山」と呼ばれる高台があるが綿打池と同様に、満州事変で武勲をたてた鉄道第一連隊大尉荒木克業の名前をとって付けられたとのこと。この辺りは鉄道第一連隊の演習用作業場があった所で、今でも架橋演習のためのコンクリート橋脚が「元鉄道隊架橋訓練跡」とい
http://4travel.jp/travelogue/10159052
ここから、千葉の史跡を巡る旅。千葉公園内にあるのが、戦前鉄道連帯が架橋演習に使用した橋脚の一部。今ではコンクリートがどーんと立っているだけで、云われなければ全く分からない。千葉公園のあった辺りは陸軍鉄道連隊の演習場で、その演習線を流用したのが新京成電鉄などです
http://ameblo.jp/963151510/entry-11668997745.html
綿打池から多目的広場に行く途中にさりげなく立っているのが「橋脚跡」。当時、鉄道連隊が架橋演習で使用したもので、高さ4m・幅5m・奥行2mもあるらしくかなり大きいです。目の前には当時の様子が分かるパネルが設置されています。
http://blogs.yahoo.co.jp/totsukendd74taipu/16782082.html
千葉市都市モノレールで千葉公園駅を降りる。千葉市中央区にある千葉公園は、約16haの敷地であるが、ここはかつて軍用地で、旧陸軍の鉄道第1連隊が保有していた土地だった。部隊は千葉公園周辺を演習作業場として使っていたので、公園内には架橋演習用橋脚と演習で造ったコン
http://blog.livedoor.jp/kekkojin/archives/cat_531556.html?p=3
これは鉄道連帯が架橋演習に使用した橋脚の一部で、案内プレートがあるからわかるものの、この部分だけではなんだかよくわからない。しかしこのモノリスの存在を知ると、この一帯に所々顔を出しているコンクリート片も橋脚の一部とわかってくる。山側から池のある窪地にかけて急勾
http://kindaikenchikurest.blog14.fc2.com/blog-entry-206.html
(陸軍鉄道連隊・架橋演習用橋脚)大陸に行って橋を架けることによって戦線を広げるため、ここで橋を作る練習をしたそうです。分かりにくいですが、画像の赤松の奥にも橋脚が見えます。(陸軍鉄道連隊・ウィンチ台)
http://ameblo.jp/amatsubamezc31/entry-11976788688.html
1908年、現在の椿森に旧陸軍鉄道連隊が設置され、1918年の改変時に鉄道第一連隊の演習場が、現在の千葉公園の場所に作られた様です。演習に使われていた橋脚やドームが、今も千葉公園に残っています。ウインチ台として使われていたコンクリート塊。池の外周路、島のある辺