相内鉱山

相内鉱山は秋田県鹿角郡小坂町にあった鉱山。

文久元年(1861年)小林与作氏により発見。昭和30年、北鹿地区潜頭黒鉱鉱床発見。

日東金属鉱山(株)により銅・鉛・亜鉛が採掘される。昭和60年(1985年)閉山。

金山沢・湯の沢・末広・大黒・弁天・横俵・羽衣・北部の鉱床があり、昭25年から昭60年まで約215万tを出鉱した。

地図位置に記念碑と沈殿地が残り、奥には封鎖された坑口跡などもあるらしい。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

相内鉱山 住所

秋田県鹿角郡小坂町小坂

相内鉱山 種類

廃鉱・採石場跡

相内鉱山 画像

相内鉱山

相内鉱山 ストリートビュー・空中写真

相内鉱山 写真・ブログ・リポート

相内鉱山調査レポート 1
http://www.geocities.co.jp/NatureLand/5910/2/Ainai/Ainai-rpo01.htm
相内鉱山調査レポート101回目平成15年06月15日2へ進む古遠部鉱山へ向かう国道282号線を途中で右に折れ、しばらく進むと相内鉱山へ達します。曲がってしばらくすれば写真のような石碑が見えますのですぐに判ります。わざわざ石碑が建てられていることは嬉しいのですが
新企画です。鉱山町で歴史の足跡を探そう。第1回は・・・ ( 秋田県 ) - 秋田・小坂の風景や便りです。 - Yahoo!ブログ
https://blogs.yahoo.co.jp/bi7as59/29584375.html
相内鉱山跡の石碑です。相内鉱山は小坂町の北部、青森県との県境にあった鉱山です。最盛期は昭和30年から50年頃だったと思います。熊谷忠三郎書とあります。石碑の裏の沿革には次のように書かれておりました。文久元年(1861年)小林与作により発見昭和30年北鹿地区潜頭