赤山鉱山 概要・歴史

赤山鉱山は山形県上山市にあった鉱山。

江戸時代初期に金、銀、銅などが採掘され、南陽の金山鉱山と共に土岐氏の資金源の一つだったという。近代以降は銅・硫化鉄鉱が採掘され、1967(昭和42)年閉山。

現在も排液処理の施設が稼働している。

赤山中腹に古い施設跡が見られる。

付近には柏木鉱山(赤山鉱山より西3kmだが空地が残るのみ)、不平鉱山があった。

状態■■
2019年04月16日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

赤山鉱山 住所

山形県上山市楢下赤山

赤山鉱山 種類

廃鉱・採石場跡

赤山鉱山 画像・写真

赤山鉱山

赤山鉱山 ストリートビュー・空中写真

赤山鉱山 ブログ・リポート

新・県民ケンちゃん~県道13号・主要地方道上山七ヶ宿線
http://psyzans.com/Newken/Kanayama/Kanayama.html
赤山鉱山跡峠区間入り口にさしかかると、斜面が赤く禿げた山が見えてくる。これはかつての赤山鉱山の跡である。鉱山は明治後期から昭和30年代にかけ、山形中堅の銅山として操業されていたが、主要鉱床の採掘終了にともない規模を縮小し、昭和42年(1967年)まで沈殿銅の採
赤山鉱山跡
http://www.ic-net.or.jp/home/rinet/ykmnympakymkuznat.html
赤山鉱山跡所在地山形県上山市楢下赤山鉱山跡は上山市の南南東方、楢下先の赤山にある。江戸時代の初期に何度かの金や銀、それに銅などの採掘がなされたといわれ、南陽の金山鉱山と共に土岐氏の重要な資金源の一つだったといわれている。赤山鉱山跡。2006/2/5赤山鉱山があ
赤山鉱山(山形県上山市)
http://www.ja7fyg.sakura.ne.jp/kouzan/akayama/akayama.html
赤山鉱山(山形県上山市)山形県上山市赤山赤山鉱山は、昭和42年まで銅を主に採掘していましたが現在は、廃山となっている。鉱害防止事業で排液処理や施設跡に消石灰散布などが現在行われている。近くには柏木鉱山(銅)、不平鉱山(銅)、金山地区には昔金を掘った金山などがあ

ピックアップ廃墟